研究者
J-GLOBAL ID:200901049603809324   更新日: 2020年06月08日

戸崎 充男

トサキ ミツオ | Tosaki Mitsuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 半導体、光物性、原子物理 ,  環境動態解析 ,  応用物理一般
研究キーワード (7件): エネルギー損失のゆらぎ ,  阻止能 ,  環境放射能 ,  放射線計測 ,  放射線物理 ,  イオン-原子衝突 ,  Atomic and nuclear physics in ion-atom collisions
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 高速イオンと固体の相互作用におけるイオンの荷電状態依存性エネルギー損失
  • イオン-原子衝突における原子と核の相互作用
  • Charge state dependent energy loss of high velocity ions
  • Interplay of atomic and nuclear physics in ion-atom collisions.
  • 高速・高感度の食品放射能検査装置と大容量標準線源の実用化開発
全件表示
論文 (66件):
MISC (2件):
書籍 (4件):
  • 臨床放射薬学 -薬学領域における放射化学の理論と実践-
    京都廣川書店 2017
  • 入門講座 ”放射能分析”
    ぶんせき 2017
  • 図解 放射性同位元素等取扱者必携
    オーム社 2007
  • 第3 章「放射線発生装置」・第5 章「放射線の測定機器と測 定法」・第9 章「放射線発生装置の安全取扱い」
    2007 (分担執筆) 放射線取扱者教育研究会編著「図解 放射性同位元素等取扱者必携」オーム社、全245 頁 2007
講演・口頭発表等 (25件):
  • Stopping cross-section and energy straggling of He ions in SiC and TiC obtained by elastic resonant backscattering with 12C
    (17thThe International Workshop on Inelastic Ion Surface Collisions 2017)
  • Measurements of natural radiation at the sea level, the ground and the altitude of 12 km in airplane
    (12th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring 2016)
  • Radioactivity Concentration Evaluation by Measuring Alpha Particles from Pb Block
    (11th International Workshop on Ionizing Radiation Monitoring 2015)
  • 標的物質密度のランダム性に起因するエネルギー損失の揺らぎ -新しい概念「random inhomogeneity]の導入-
    (日本物理学会 2015)
  • Depth profiling of ion-implanted silicon wafer using nuclear resonance of elastic backscattering He + 28Si
    (14th International Conference on Nuclear Microprobe Technology and Applications 2014)
もっと見る
学位 (2件):
  • 理学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (京都大学)
所属学会 (3件):
応用物理学会 ,  日本放射光学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る