研究者
J-GLOBAL ID:200901050296431120   更新日: 2020年06月09日

田平 知子

タヒラ トモコ | Tahira Tomoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://scholar.google.co.jp/citations?user=wa4cAxoAAAAJ&hl=jahttp://scholar.google.co.jp/citations?user=wa4cAxoAAAAJ&hl=ja
研究分野 (6件): 薬系衛生、生物化学 ,  分子生物学 ,  ゲノム生物学 ,  病態医化学 ,  腫瘍生物学 ,  免疫学
研究キーワード (4件): 変異 ,  転写調節 ,  多型解析 ,  ゲノム
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2012 - 2013 日本人ハプロイドゲノムの超並列シークエンス解析による構造多型の完全解明
  • 2005 - 2009 定量的一塩基多型解析技術の開発と医療への応用
  • 2006 - 2008 アレル依存的発現と転写調節領域ハプロタイプの関連の解析
  • 2003 - 2004 ゲノム多型の偏りを指標とする日本人集団における自然選択の検出
  • 1994 - 1994 myc遺伝子の転写伸長停止機構の解析
全件表示
論文 (29件):
  • Tahira T, Yahara K, Kukita Y, Higasa K, Kako K, Wake N, Hayashi K. A definitive haplotype map of structural variations determined by microarray analysis of duplicated haploid genomes. Genomics Data. 2014. 2. 55-59
  • Kondo H, Tahira T, Yamamoto K, Tahara A. Familial acorea, microphthalmia and cataract syndrome. Br J Ophthalmol. 2013. 97. 1155-1160
  • Kondo H, Kusaka S, Yoshinaga A, Uchio E, Tawara A, Tahira T. Genetic variants of FZD4 and LRP5 genes in patients with advanced retinopathy of prematurity. Mol. Vis. 2013. 19. 476-485
  • Iwashita Y, Fukuchi N, Waki M, Hayashi K, Tahira T. Genome-wide Repression of NF-κB Target Genes by Transcription Factor MIBP1 and Its Modulation by O-Linked β-N-Acetylglucosamine (O-GlcNAc) Transferase. The Journal of biological chemistry. 2012. 287. 13. 9887-9900
  • Tahira T, Kukita Y, Higasa K, Okazaki Y, Yoshinaga A, Hayashi K. Estimation of SNP allele frequencies by SSCP analysis of pooled DNA. Methods in molecular biology (Clifton, N.J.). 2009. 578. 193-207
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • PCR法利用のてびき
    中外医学社 1998
  • Mutation Detection: A Practical Approach
    Oxford University Press 1998
  • PCRの最前線
    羊土社 1996
  • PCR法の最新技術
    羊土社 1995
  • 発がんの蛋白工学
    講談社 1991
講演・口頭発表等 (8件):
  • 日本人ハプロイド試料のゲノムワイド解析により同定された薬物応答関連遺伝子の構造多型
    (第72回日本癌学会学術総会 2013)
  • A definitive haplotype map of Japanese genome determined by microarray analysis of duplicated haploid genomes
    (第34回日本分子生物学会年会 2011)
  • Design of self-assembling nanoscale DNA structures by "T-GUSP": construction of an octahedron and its multimers.
    (第49回日本生物物理学会年会 2011)
  • A definitive haplotype map of SNPs and CNVs as determined by genotyping duplicated haploid human genomes by genome-wide microarrays
    (第33回日本分子生物学会年会 2010)
  • Genome-wide Repression of NF-kB Target Genes by Transcription Factor c-myc Intron Binding Protein
    (第32回日本分子生物学会年会 2009)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1978 - 1982 東北大学 薬学部 製薬化学科
学位 (1件):
  • 薬学博士 (東北大学)
経歴 (11件):
  • 2016/04 - 現在 金城学院大学 准教授
  • 2014/04 - 2016/03 九州大学 特任講師
  • 2013/04 - 2014/03 九州大学・生体防御医学研究所 講師
  • 2001/04 - 2014/03 九州大学
  • 2012/04 - 2013/03 九州大学・生体防御医学研究所 講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 1987/02 - がん研究振興財団 田宮記念賞 「ヒトがんおよび実験がんの活性がん遺伝子の解析」
所属学会 (6件):
日本リウマチ学会 ,  日本薬学会 ,  アメリカ人類遺伝学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る