研究者
J-GLOBAL ID:200901051605002309   更新日: 2020年05月20日

菅又 昌実

スガマタ マサミ | Sugamata Masami
ホームページURL (1件): http://www.npo-bmsa.org/
研究分野 (14件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  ウイルス学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (6件): 疫学 ,  新興・再興感染症 ,  防災 ,  環境衛生学 ,  公衆衛生学 ,  衛生学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2001 - 大規模災害と感染症流行予防対策
  • 2001 - 都市の公共居住空間の大気汚染が健康に及ぼす影響についての研究
  • 2001 - 超高齢者集団の健康特性についての研究
  • 2001 - Studies of the air pollution on human health in the public spaces in Tokyo
  • 2001 - Studies on the healthy characteristics of the highly aged persons in Japan.
全件表示
MISC (105件):
  • 都市災害時の感染症流行の危険性と効果的な防疫-災害時のバイオハザード危機管理対策-. 東京都立大学都市研究所. 2003
  • 日本の人口とその未来像-少子化の行方-. クリンネス No193. 2001
  • 特集:21世紀における感染症対策. 月間クリンネス. 2001. 2月. 1-8
  • 世界の狂犬病発生状況を知る-情報源としてのオンラインソース,RABNETについて-. 日本獣医学雑誌. 2001. 54. 580-585
  • Trend in occurrences of rabies in the world-Usefulness of RABNET as an internet source. Jap. J. Vet. Med. Assoc. 2001. 54. 580-585
もっと見る
書籍 (4件):
  • 健康と環境の科学-人類の明るい未来を目指して
    南山堂 2003
  • 新編衛生学実習(分担)(共著)
    南山堂 (]G0006[) 流行予測 1991
  • Seasonality of birth(jointly worked)
    SPB Academic Publishing, The Hague, The Netherlands T : Longevity and geriatric diseases by season of birth.(page 177-188)Different susceptibility by season of birth.(page 205-213)Immunological effects of Japansese encephalitis virus infection at vario・・・ 1987
  • 生まれ月の科学(共著)
    篠原出版 第16章:日本脳炎-生まれ月学の発祥 1983
Works (16件):
  • 大規模災害の二次災害としての感染症対策
    2001 -
  • 旧ソ連邦諸国における伝染病疫学調査
    1999 -
  • 旧ソ連邦の感染症調査
    1999 -
  • Epidemiological Studies on infections diseases in former Soviet Union.
    1999 -
  • Epidemiological Research for infections diseases in former Soviet Union.
    1999 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1975 日本獣医生命科学大学 獣医学科
  • - 1975 日本獣医生命科学大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (帝京大学)
経歴 (12件):
  • 1996 - - NPO-バイオメディカルサイエンス研究会学術委員
  • 1996 - - NPO-Biomedical Science Association,
  • 1991 - 1994 東京都神経科学総合研究所,流動研究所
  • 1991 - 1994 Tokyo Metropolitan Institutes for
  • 1975 - 1992 帝京大学医学部講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 1996 - 2000 バイオメディカルサイエンス研究会 常任理事,事務局長
  • 日本バイオセーフティ学会 会員
所属学会 (3件):
日本バイオセーフティ学会 ,  バイオメディカルサイエンス研究会 ,  Americal Society for Virologist
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る