研究者
J-GLOBAL ID:200901051941032984   更新日: 2020年05月18日

荒川 高光

アラカワ タカミツ | Arakawa Takamitsu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 解剖学 ,  リハビリテーション科学
研究キーワード (7件): 比較解剖学 ,  末梢神経 ,  温度刺激 ,  再生 ,  骨格筋 ,  肉眼解剖学 ,  解剖学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 骨格筋損傷に有効な寒冷・温熱療法の刺激条件とは?
  • 2013 - 2016 骨格筋損傷に対する寒冷および温熱療法の影響
  • 2010 - 2012 骨格筋障害に対する理学療法的アプローチの再検討
  • 2009 - 2012 解剖学的基盤による運動療法改革
  • 2009 - 2011 ボノボを中心とするヒト上科霊長類の筋骨格構造から読み解く環境適応
論文 (21件):
  • 竹村明道, 上村守, 川島, 戸田, 森上, 荒川 高光, 小南, 本間智. Microvascular architecture of the filiform papillae of the lingual dorsum in the lion (Panthera leo). Journal of Osaka Dental University. 2019. in press
  • 荒川 高光. 症例から学ぶ 理学療法士の人体解剖図実習(Case 1) 片麻痺. 理学療法magazine. 2014. 1. 1. 86-95
  • 長井 桃子, 小形 晶子, 荒川 高光, 三木 明徳. 褥瘡様皮膚病変を誘発する動物実験モデルの開発 坐骨神経切断後のラット踵部の形態学的観察. 神戸大学大学院保健学研究科紀要. 2012. 27. 31-41
  • 荒川 高光. 大臀筋の筋束構成とその機能的意義 なぜ肛門を締めると大臀筋が活動しやすくなるのか?. 理学療法兵庫. 2012. 17, pp. 8-11. 17. 8-11
  • Fujiwara Y, Arakawa T, Fujita Naoto, Fujino H, Miki A. Influence of magnetic stimulation on muscle atrophy in the rat unloading hindlimb muscles. Bulletin Health Sciences Kobe. 2012. 27, 19-26
もっと見る
MISC (92件):
  • 川島 将人, 宮川 基, 杉山 恵美, 谷口 佳穂, 荒川 高光. 骨格筋損傷後の尾部懸垂が筋衛星細胞におけるマクロファージの遊走因子(MCP-1)の発現に与える影響. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. P2-8
  • 荒川 高光. 右心房内刺激伝導系の肉眼観察と組織学的検討. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. P2-3
  • 川島 将人, 宮川 基, 杉山 恵美, 谷口 佳穂, 荒川 高光. 骨格筋損傷後の尾部懸垂が筋衛星細胞におけるマクロファージの遊走因子(MCP-1)の発現に与える影響. 理学療法学. 2019. 46. Suppl.1. P2-8
  • 荒川 高光. 肉眼観察を基盤にした比較解剖学研究のおもしろさ-哺乳類の運動器系の進化を考える- 霊長類下腿屈筋群の神経束分岐パターンの比較. 哺乳類科学. 2018. 58. 1. 93-94
  • 幅 大二郎, 荒川 高光. 除神経と圧迫によりラット踵部皮膚に形成された褥瘡様皮膚損傷に対し除圧を施した際の経時的変化. 理学療法学. 2017. 44. Suppl.2. P-2
もっと見る
書籍 (6件):
  • 人体の構造からわかる看護技術のエッセンス
    医歯薬出版 2019 ISBN:9784263237199
  • Bergman's Comprehensive Encyclopedia of Human Anatomic Variation
    Wiley & Sons Inc. 2016
  • 足関節靭帯損傷・アキレス腱断裂の病態
    医歯薬出版 2015
  • 能力低下およびリハビリテーションに付随する心理社会的問題
    西村書店 2014
  • 運動発達
    中山書店 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (135件):
  • Macroscopic and Histological Examination of the Myocardium Architecture in the Human Right Atrium.
    (36th Annual Meeting of the American Association of Clinical Anatomists 2019)
  • Influence of Heat Stress on Monocyte Chemoattractant Protein-1 Expression by Satellite Cells after Rat Skeletal Muscle Injury
    (Experimental Biology 2019 2019)
  • 肉眼解剖学セミナーで感じる面白さを解剖学実習でどのように伝えるか
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 短母趾伸筋・短趾伸筋の起始部と下伸筋支帯・周辺靭帯の関係性
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
  • 大腿二頭筋短頭の支配神経が外側から入る一例
    (第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2006 神戸大学 大学院医学系研究科博士課程医科学専攻修了
学位 (2件):
  • 修士(保健学) (神戸大学)
  • 博士(医学) (神戸大学)
委員歴 (3件):
  • 2019/03 - 現在 一般社団法人 日本解剖学会 Anatomical Science International Editorial Board
  • 2018/03 - 現在 一般社団法人 日本解剖学会 代議員
  • 2012/03 - 現在 肉眼解剖学懇話会 世話人
受賞 (13件):
  • 2019/07 - 日本霊長類学会 最優秀ポスター発表賞
  • 2019/07 - Outstanding research achievement award
  • 2019/03 - 日本解剖学会 優秀発表賞
  • 2016/03 - 日本解剖学会 献体学術賞(肉眼解剖学トラベルアワード)
  • 2016/03 - 日本解剖学会 献体学術賞(肉眼解剖学トラベルアワード)
全件表示
所属学会 (5件):
日本人類学会 ,  日本霊長類学会 ,  American Association of Clinical Anatomists ,  日本理学療法士協会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る