研究者
J-GLOBAL ID:200901053195599097   更新日: 2019年11月28日

岩崎 雅行

イワサキ マサユキ | IWASAKI Masayuki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究キーワード (8件): 無脊椎動物 ,  昆虫 ,  神経系 ,  脳 ,  光学顕微鏡 ,  電子顕微鏡 ,  LM EM ,  感覚子
論文 (18件):
  • Maeda T, Tamotsu S, Iwasaki M, Nisimura T, Shimohigashi M, Hojo M & Ozaki M. Neuronal projections and putative interaction of multimodal inputs in the subesophageal ganglion in the blowfly, Phormia regina. Chem. Senses. 2014. 39. 391-401
  • Nakagawa H, Matsushima K, Iwasaki M, Shimohigashi M, Tokuraku K & Kotani S. Deletion in the Pro-rich Region of Microtubule-associated Protein 4 Influences Its Distribution. Fukuoka University Science Reports. 2013. 43. 67-72
  • Ozaki M, Wada-Katsumata A, Fujikawa K, Iwasaki M, Yokohari F, Satoji Y, Nisimura T & Yamaoka R. Ant Nestmate and non-nestmate discrimination by a chemosensory sensillum. Science. 2005. 309. 311-314
  • Shimohigashi M, Ruiz-Pina HA, Higo H, Iwasaki M, Matsumoto A, Ai H, Tanimura T & Tominaga Y. Possible olfactory sensillum on the antenna of the blood-sucking bug, Triatoma dimidiata, the insect vector of Chagas' disease. 福岡大学研究紀要. 2003. 1E. 131-141
  • Iwasaki M, Mizunami M, Nishikawa M, Itoh T & Tominaga Y. Ultrastructural analyses of modular subunits in the mushroom bodies of the cockroach. Journal of Electron Microscopy. 1999. 48. 55-62
もっと見る
MISC (1件):
  • 該当なし. 2014
書籍 (14件):
  • Microcirculation - an update. vol.2
    Elsevier Science 1987
  • 南山堂医学大辞典第17版
    南山堂 1990
  • 眼科学辞典
    メディカル葵 1991
  • 眼科クルズス
    南江堂 1994
  • Peptide Chemistry
    Protein Research Foundation 1995
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • クロオオアリ触角の炭化水素感覚子の微細構造
    (日本比較生理生化学会 第28回大会 2006)
学歴 (2件):
  • - 1980 九州大学 理学部 生物学
  • - 1982 九州大学 理学研究科 生物学
学位 (1件):
  • 理学博士 (九州大学)
経歴 (4件):
  • 1982 - 1989 九州大学医学部 助手
  • 1989 - 1992 米国 Baylor医科大学Cullen眼研究所 博士後研究員
  • 1992/04/01 - 2007/03/31 福岡大学 助手
  • 2007/04/01 - 福岡大学 助教
所属学会 (3件):
日本比較生理生化学会 ,  日本動物学会 ,  日本顕微鏡学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る