研究者
J-GLOBAL ID:200901053295557294   更新日: 2019年12月25日

弦本 敏行

ツルモト トシユキ | TURUMOTO Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 医学部CSTセンター  センター長
研究分野 (3件): 解剖学一般(含組織学・発生学) ,  自然人類学 ,  整形外科学
研究キーワード (2件): 骨学 ,  臨床解剖学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 皮質骨微細構造の形態解析:臨床用CTを応用した骨質評価方法確立のための基礎研究
  • 2009 - 2012 石灰化をともなうナノ粒子の各種関節疾患発生への関与に関する研究
  • 2005 - 2007 長崎大学 臨床応用が可能な抗バイオフィルム薬剤創成のための基礎的研究
  • 2003 - 2005 既存薬剤における抗バイオフィルム作用の検証と検索
  • 2001 - 2003 骨・関節感染症に対する遺伝子治療法開発のための基礎的実験
論文 (40件):
  • Keita Nishi · Kazunobu Saiki · Joichi Oyamada · Keishi Okamoto · Keiko Ogami-Takamura · Takashi Hasegawa · Takefumi Moriuchi · Junya Sakamoto · Toshio Higashi · Toshiyuki Tsurumoto · Yoshitaka Manabe. Sex-based differences in human sacroiliac joint shape: a three-dimensional morphological analysis of the iliac auricular surface of modern Japanese macerated bones. Anatomical Science International. 2019
  • Makoto Era, Ko Chiba, Yuichiro Nishino, Narihiro Okazaki, Takashi Miyamoto, Akihiko Yonekura, Masato Tomita, Toshiyuki Tsurumoto, Makoto Osaki. The effects of volar locking plates for distal radius fractures on the image quality of high-resolution peripheral quantitative computed tomography. Bone. 2019. 127
  • Takeshi Imamura,Toshiyuki Tsurumoto,Kazunobu Saiki,Keita Nishi,Keishi Okamoto,Yoshitaka Manabe,Joichi Oyamada, Keiko Ogami-Takamura. Morphological profile of atypical femoral fractures:age-related changes to the cross-sectional geometry ofthe diaphysis. 2019
  • Tomohito Nagaoka, Hajime Ishida, Toshiyuki Tsurumoto, Tetsuaki Wakebe, Kazunobu Saiki, Kazuaki Hirata. A health crisis during the Japanese Medieval Period: A new paleodemographic perspective. International Journal of Paleopathology. 2019
  • Matsuo H, Tsurumoto T, Maeda J, Saiki K, Okamoto K, Ogami-Takamura K, Kondo H, Tomita M, Yonekura A, Osaki M. Investigating interindividual variations in cortical bone quality: analysis of the morphotypes of secondary osteons and their population densities in the human femoral diaphysis. Anatomical science international. 2019. 94. 1. 75-85
もっと見る
MISC (16件):
書籍 (4件):
  • 弥生人の研究I
    雄山閣 1989
  • 【図説 関節リウマチの手術-基本手技の展開とポイント】周術期管理(出血対策など)
    メジカルビュー社 2002
  • 【ベッドサイドで役立つ微生物検査ガイド】9.整形外科領域の感染症が疑われたとき
    文光堂 2006
  • 古病理学事典
    同成社 2012
講演・口頭発表等 (8件):
  • Image analysis for quantification of statically cultured S.aureus biofilms on biomaterial surface
    (Biofilms 2004 2004)
  • 骨関節感染症のコントロール 1.骨・関節感染症成立の背景
    (第115回西日本整形・災害外科学会 2008)
  • Nanobacteria in human arthritic synovial fluid - detection and possible implication in joint inflammation
    (4th International Infection Control Conference of Theodor Bilharz Research Institute 2008)
  • 変形性関節症患者の関節液におけるbiological nanoparticleの存在意義について
    (第53回日本リウマチ学会総会・学術集会 2009)
  • 大腿骨近位部の骨梁構造の解析-Calcar femoraleについて
    (日本解剖学会第67回九州支部学術集会 2011)
もっと見る
Works (4件):
  • 骨・関節感染症に対する遺伝子治療法開発のための基礎的実験
    2001 - 2002
  • 既存薬剤における抗バイオフィルム作用の検証と検索
    2003 - 2005
  • 既存の各種臨床薬剤における細菌バイオフィルム形成抑制作用の検証
    2005 - 2006
  • 石灰化をともなうナノ粒子の各種関節疾患発生への関与に関する研究
    2009 - 2012
学歴 (2件):
  • - 1984 長崎大学 医学部
  • - 1990 長崎大学 医学研究科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (長崎大学)
経歴 (3件):
  • 2002/04 - 2007/03 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 講師
  • 2007/04 - 2010/02 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2010/03 - 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 教授
委員歴 (3件):
  • 2010 - 現在 日本解剖学会 評議員
  • 2008 - 2009 日本整形外科学会 代議員
  • 2007 - 日本リウマチ学会 評議員
所属学会 (3件):
日本解剖学会 ,  日本人類学会 ,  日本整形外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る