研究者
J-GLOBAL ID:200901053679008590   更新日: 2020年09月01日

北島 剛司

キタジマ ツヨシ | Tsuyoshi Kitajima
所属機関・部署:
職名: 准教授
論文 (60件):
  • Esaki Y, Kitajima T, Obayashi K, Saeki K, Fujita K, Iwata N. Daytime light exposure in daily life and depressive symptoms in bipolar disorder: A cross-sectional analysis in the APPLE cohort. Journal of psychiatric research. 2019. 116. 151-156
  • Esaki Y, Kitajima T, Obayashi K, Saeki K, Fujita K, Iwata N. Light exposure at night and sleep quality in bipolar disorder: The APPLE cohort study. Journal of affective disorders. 2019. 257. 314-320
  • Kitajima T. New subtyping of insomnia disorder. The lancet. Psychiatry. 2019. 6. 2. 86-88
  • Kishi T, Nomura I, Sakuma K, Kitajima T, Mishima K, Iwata N. Melatonin receptor agonists-ramelteon and melatonin-for bipolar disorder: a systematic review and meta-analysis of double-blind, randomized, placebo-controlled trials. Neuropsychiatric disease and treatment. 2019. 15. 1479-1486
  • Hirose M, Arakawa C, Watanabe A, Esaki Y, Kawai R, Iwata N, Kitajima T. Treatment outcome of non-24-hour sleep-wake rhythm disorder: a retrospective study of 24 consecutive cases in a sleep clinic. Fujita Medical Journal. 2018. 4. 3. 70-76
もっと見る
MISC (85件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • ≪精神科臨床エキスパート≫ 重症化させないための精神疾患の診方と対応
    医学書院 2014
  • ≪精神科臨床エキスパート≫ 重症化させないための精神疾患の診方と対応
    医学書院 2014
  • 睡眠医学アトラス-検査と臨床
    真興交易(株)医書出版部 2012
  • 不眠の科学
    朝倉書店 2012
  • 精神医学キーワード事典
    中山書店 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (28件):
  • Periodic abdominal movements
    (日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014)
  • パロキセチンか?誘因となった睡眠時随伴症重複障害の一例報告
    (日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014)
  • 過眠を呈する患者における睡眠日誌とアクティグラフィによる睡眠時間の評価の比較
    (日本睡眠学会第39回定期学術集会 2014)
  • 夢体験を伴う睡眠時異常行動を呈し, PSGて?の覚醒イベントによって覚醒障害と診断された1症例
    (日本睡眠学会第38回定期学術集会 2013)
  • 生物学的および心理・社会的治療の双方を要した概日リズム睡眠障害の一例
    (日本睡眠学会第38回定期学術集会 2013)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士
所属学会 (5件):
日本うつ病学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本時間生物学会 ,  日本睡眠学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る