研究者
J-GLOBAL ID:200901054445979938   更新日: 2017年09月07日

村尾 進

ムラオ ススム | Murao Susumu
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (2件): 中国清代史 ,  Historical Study on Guangzhou
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • Historical Study on Guangzhou
MISC (10件):
  • 『球雅』の行方-李鼎元の『琉球訳』と清朝考証学-. 東洋史研究. 2000. 59. 1
  • 硝子絵「広州商館図」-日本所蔵品について-. 前近代東アジアにおける海域交流成立条件に関する基礎的研究(財団法人トヨタ財団1998年度研究助成B研究報告書). 2000
  • 懐遠驛. 中国文化研究. 1999. 16
  • 『海国図志』-「翻訳」と「描写」による世界地理書. しにか. 1996. 7. 12. 66-71
  • 『海国四説』の意味. 東洋史研究. 1992. 51. 1
もっと見る
書籍 (4件):
  • 万木森森-『時務報』時期の梁啓超とその周辺
    共同研究梁啓超 西洋近代思想受容と明治日本(みすず書房) 1999
  • 周煌撰『琉球国志略』解題・李鼎元撰『使琉球記』解題
    増訂使琉球録解題及び研究(榕樹書林) 1999
  • 珠江・広州・澳門 -英文および絵画史料から見た「カントン・システム」-
    明末清初の社会と文化(京都大学人文科学研究所) 1996
  • The Pearl River, Canton and Macao -- The "Canton System" as seen in English Records of Travel and Landscape Paintings
    Society and Culture in the Late Ming and Early Qing Period 1996
学歴 (4件):
  • - 1986 京都大学 東洋史学
  • - 1986 京都大学
  • - 1980 京都大学 史学科 東洋史学専攻
  • - 1980 京都大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (京都大学)
所属学会 (4件):
史学研究会 ,  東方学会 ,  中国社会文化学会 ,  東洋史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る