研究者
J-GLOBAL ID:200901055036541358   更新日: 2008年12月03日

葛葉 泰久

クズハ ヤスヒサ | Kuzuha Yasuhisa
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 土木環境システム ,  水工学 ,  大気水圏科学
研究キーワード (6件): 水環境 ,  洪水 ,  水災害 ,  気象 ,  水資源工学 ,  水文学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2005 - 2018 硝酸態窒素の流域内動態のメカニズム解明
  • 2004 - 2018 効果的な治水計画策定手順に関する研究
  • 2000 - 2018 非線型科学的アプローチによる水文・気象現象の解析
MISC (17件):
  • Kuzuha, Y., K. Tomosugi, K. Kishii et al.(2002): A Study on Temporal and spatial Distributions of Low Precipitation by Depth-Area- duration Analyses. JHHE, 20: 27-40
  • 葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄(2002): 降水量の空間相関構造. 水工学論文集, 46: 127-132
  • 葛葉泰久, 友杉邦雄, 岸井徳雄(2001): 降水量データの代表性. 水文・水資源学会誌, 14: 461-471
  • Kishii, T., Y. Kuzuha, et al.(2001): Measurement of Atmospheric Water Vapor on the Ground Surface by Radio Wave. Hydrological Processes, 15: 2077-2084
  • Kuzuha, Y., T. Kishii et al.(2001): The Relationship between Regional Averages of Latent and Sensible Heat Fluxes and Patch Scale. JHHE, 19(1): 15-21
もっと見る
書籍 (2件):
  • 葛葉泰久: 気候変動と水災害(米谷・葛葉・岸井編). 信山社サイテック, 256pp, 2002.
  • 葛葉泰久: 例題2-4及び例題2-5. 水理公式集例題プログラム集, 1の4のp1 - 1の5のp6, 土木学会編, 丸善, 2002.
学歴 (2件):
  • - 1988 京都大学 工学研究科 交通土木工学専攻
  • - 1985 京都大学 交通土木工学科
学位 (1件):
  • 京都大学博士(工学)
経歴 (2件):
  • 2004/04 - - 三重大教授
  • 1994/04 - - 防災科学技術研究所 研究員,主任研究官,主任研究員
委員歴 (2件):
  • 土木学会水工学委員会水文部会委員
  • 水文・水資源学会編集出版委員会 副委員長,委員長(理事),アドバイザー
受賞 (1件):
  • 2007 - 2007.9 日本自然災害学会 学会賞(学術賞)
所属学会 (9件):
米気象学会 ,  AAAS ,  IAHS ,  AGU ,  自然災害学会 ,  水環境学会 ,  気象学会 ,  水文・水資源学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る