研究者
J-GLOBAL ID:200901059068482278   更新日: 2002年07月03日

関本 照夫

セキモト テルオ | Sekimoto Teruo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (2件): 東南アジア地域研究 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 東南アジア地域工芸産業の歴史と現状
  • スリナムにおけるジャワ人移民社会の文化動態
  • 近代東南アジアにおける文化的言説と文化制度
MISC (10件):
  • 周縁化される伝統-バティックから見るジャワの近代. 民族学研究. 2000. 65. 3. 268-284
  • 今日のインドネシア・バティック産業. 染織α. 1999. 220
  • インドネシア近代のバティック産業の事例. 総合的地域研究. 1995. 10. 38-42
  • ジャワ人のヒエラルキーと自由-村の集いの二つの形. 東洋文化研究所紀要. 1992. 116
  • 二者関係ネットワーク論再考-東南アジアの事例. 中国-社会と文化. 1991. 6
もっと見る
書籍 (13件):
  • 『伝統文化』概念が周縁化するもの-現代インドネシアの文化状況
    総合的地域研究を求めて-東南アジア像を手がかりに,京都大学学術出版会(共著) 1999
  • 文化概念の用法と効果
    文化という課題,岩波書店(共著) 1998
  • 日本の人類学と日本史学
    歴史意識の現在、岩波書店 1995
  • ジャワにおける行為の美的規範と社会秩序
    洗練と粗野-社会を律する価値(共著)東京大学出版会 1995
  • 国民文化が生れる時-アジア・太平洋の現代とその伝統(共著)
    リブロポート,Libroport 1994
もっと見る
Works (7件):
  • 比較史の可能性をめぐるを研究
    1999 - 2001
  • 東南アジア地域工芸産業の研究
    1996 - 1999
  • インドネシア・バティック産業の社会史的・民族誌的調査
    1994 - 1999
  • スリナムにおけるジャワ人移民社会調査
    1991 - 1992
  • 東南アジア・オセアニアにおける国家と国民文化の動態
    1988 - 1989
もっと見る
学位 (1件):
  • 社会学修士
委員歴 (1件):
  • 1986 - 1988 日本民族学会 理事
受賞 (1件):
  • 1983 - 民族学振興会澁澤賞
所属学会 (4件):
米国人類学会(American Anthropological Association) ,  米国アジア学会(Association for Asian Studies) ,  東南アジア史学会 ,  日本民族学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る