研究者
J-GLOBAL ID:200901059091161420   更新日: 2019年12月29日

正木 康史

マサキ ヤスフミ | MASAKI Yasufumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.kanazawa-med.ac.jp/~yasum
研究キーワード (1件): 血液内科学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2017 - 2019 非癌、慢性炎症性リンパ節・骨髄異常を示すキャッスルマン病、TAFRO症候群その類縁疾患の診断基準、重症度分類の改正、診断・治療のガイドラインの策定に関する調査研究
  • 2017 - 2019 自己免疫疾患に関する調査研究
  • 2017 - 2019 IgG4関連疾患の診断基準並びに診療指針の確立を目指す研究
  • 2016 - 2016 IgG4関連疾患の診断基準並びに治療方針の確立を目指した研究
  • 2015 - 2017 IgG4関連疾患の炎症性単球発現分子および免疫グロブリン対応抗原の同定
全件表示
論文 (216件):
  • Y.Masaki, A.Nakajima, H.Iwao, N.Kurose, T.Sato, T.Nakamura, M.Miki, T.Sakai, T.Kawanami, T.Sawaki, Y.Fujita, M.Tanaka, T.Fukushima, T.Okazaki, H.Umehara. Japanese variant of multicentirc castleman's disease associated with serositis and thrombocytopenia-a report of two cases: Is TAFRO syndrome(Castleman-Kojima Disease) a distinct clinicopathological entity?. Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH. 2013. 53. 79-85
  • (H.Kawabata), K.Takai, M.Kojima, N.Nakamura, S.Aoki, S.Nakamura, T.Kinoshita, Y.Masaki. Castleman-Kojima disease(TAFRO Syndrome): A novel systemic inflammatory disease characterized by a constellation of symptoms, namely, thrombocytopenia, ascites(Anasarca), microcytic anemia, myelofibrosis, renal dysfunction, and organomegaly: A status r. Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH. 2013. 53:57-61
  • (N.Sugimoto), K.Matsuzaki, H.Ishibashi, M.Tanaka, T.Sawaki, Y.Fujita, T.Kawanami, Y.Masaki, T.Okazaki, J.Sekine, S.Koizumi, A.Yachie, H.Umehara, O.Shido. Upregulation of aquaporin expression in the salivary glands of heat-acclimated rats. Scientific reports. 2013. 3:1763;1-8
  • (L.Dong), Y.Chen, Y.Masaki, T.Okazaki, H.Umehara. Possible mechanisms of lymphoma development in Sjoguren's syndrome. Current immunology reviews. 2013. 9:13-22
  • 正木康史, 梅原久範. IgG4関連疾患(ミクリッツ病を含む). 内科. 2012. 109:1090-1093
もっと見る
特許 (1件):
  • IgG4関連疾患診断用マーカー及びその利用
書籍 (22件):
  • 両下肢の冷感を自覚する患者に認められた血小板減少と溶血性貧血
    医歯薬出版株式会社 2005
  • 血管内大細胞型B細胞リンパ腫の治療法は?
    中外医学社 2007
  • 問題042
    医学書院 2008
  • 発熱に伴うPSの悪化で入院となった72歳女性
    日本医事新報社 2010 ISBN:978-4-7849-4236-7
  • Castleman病その診断と治療
    メディカルレビュー社 2010 ISBN:978-4-7792-0510-1
もっと見る
講演・口頭発表等 (394件):
  • ホルマリン固定パラフィン包理切片によるFISH法の悪性リンパ腫組織における検討
    (金沢医科大学医学会第29会医学会総会,第39回学術集会)
  • シェーグレン症候群 (SS) 唾液腺上皮細胞におけるiNOS発現とNox産生
    (第12回日本シェーグレン症候群研究会)
  • ループス膀胱炎、自己免疫性膵炎を併発したSLEの一例
    (第16回中部リウマチ学会)
  • TAFRO syndrome and Castleman disease evaluated with FDG-PET imaging.
    (The 76th Annual Meeting of the Japan Radiological Society)
  • 血清INF-γ高値を呈した血球貧食を伴う亜急性壊死性リンパ節炎の1例
    (第4回血液疾患とサイトカイン研究会 2000)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 金沢医科大学 医学部 医学科
  • 金沢医科大学 大学院 医学研究科
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (4件):
  • 1995/01 - 1996/12 米国スクリップス研究所免疫学Dr.Burton DR研究室
  • 1991 - 1999 金沢医科大学血液免疫内科 助手
  • 1999 - 2007/03 金沢医科大学血液免疫内科学 講師
  • 2007/04 - 金沢医科大学血液・リウマチ膠原病科 臨床准教授
受賞 (2件):
  • 2010/07 - 金沢医科大学医学会 Intravascular large B-cell lymphoma: proposed of the strategy for early diagnosis and treatment of patients with rapid deteriorating condition. Int J Hematol. 89:600-610, 2009. 金沢医科大学医学会「論文表彰」
  • 2009/07 - 金沢医科大学医学会 Proposal for a new clinical entity, IgG4-positive multi-organ lymphoproliferative syndrome: Analysis of 64 cases of IgG4-related disorders.Annals of the Rheumatic Diseases, Aug 2008; doi:10.1136/ard.2008.089169 金沢医科大学医学会「論文表彰」
所属学会 (4件):
日本血液学会 ,  日本血液学会北陸地方会 ,  日本内科学会 ,  日本輸血細胞治療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る