研究者
J-GLOBAL ID:200901059916616182   更新日: 2021年02月02日

綾部 広則

アヤベ ヒロノリ | Ayabe Hironori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 科学社会学、科学技術史
研究キーワード (1件): 科学社会学、科学技術史、科学技術政策
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 吉岡デジタルアーカイブの構築とそれを活用した戦後日本の科学批判に関する研究
  • 2016 - 2019 アクターネットワーク理論による構築的テクノロジーアセスメントの自動走行車への適用
  • 2015 - 2019 「予測」をめぐる科学・政策・社会の関係 -科学社会学からのアプローチ
  • 2015 - 2018 原子力防災の失敗の複合的要因と改革の方向性
  • 2010 - 2013 知識基盤社会における専門的・技術的職業従事者の雇用・労働問題
全件表示
論文 (46件):
  • 綾部広則. イノベーション論-科学技術社会論との接点. 藤垣裕子責任編集『科学技術社会論の挑戦1 科学技術社会論とは何か』東京大学出版会. 2020. 83-103
  • 綾部広則. 解説-「ポスドク問題」から再考する研究者育成の課題. 国立国会図書館調査及び立法考査局『「科学技術立国」を支えるこれからの研究者育成』(令和元年度科学技術に関する調査プロジェクト調査報告書). 2020. 77-84
  • 綾部広則. 吉岡斉の科学批判-著作物からみたその特徴と脱原発運動における位置づけ-. 年報 科学・技術・社会. 2019. 28. 71-81
  • 綾部広則. 日本の科学技術系人材育成政策(1990~2017). Dio. 2018. 335. 4-7
  • 綾部広則. ポスト冷戦期日本の科学技術政策. 中島秀人編『岩波講座 現代 第2巻 ポスト冷戦時代の科学/技術』岩波書店, p.93-118. 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (17件):
  • 著作物からみた吉岡斉の来歴について
    (科学社会学会2018年度年次研究大会「特別セッション(追悼・吉岡斉)」 2018)
  • 吉岡斉の原子力批判-その特徴
    (科学技術社会論学会第15回年次研究大会「吉岡斉追悼シンポジウム-吉岡斉の現代科学技術史研究とその可能性」 2018)
  • 2010年代日本の科学技術政策-背景と特徴
    (科学技術社会論学会第15回年次研究大会 2016)
  • 粒子加速器における国際協力
    (日本科学史学会第58回年会・総会シンポジウム「国際事業化する大規模科学技術研究開発」 2011)
  • The Origin of neoliberal STS: reviewing Hiroshige’s work
    (Society for Social Studies of Science with Japanese Society for Science and Technology Studies 2010)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る