研究者
J-GLOBAL ID:200901062558607614   更新日: 2020年10月19日

菅野 摂子

スガノ セツコ | SUGANO Setsuko
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (1件): 社会学、ジェンダー、生殖、出生前検査、福祉、家族
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 アジアにおける出生前検査と障害をめぐる実証的研究
  • 2020 - 2024 医療実践としての人工妊娠中絶の新たなフレイム構築-出生前検査とのかかわりから
  • 2020 - 2023 出生前検査に関する妊産婦等の意識調査や支援体制構築のための研究
  • 2016 - 2020 男性の生殖論に向けて-出生前検査における男性の経験に関する調査
  • 2017 - 2019 高齢妊娠の社会学的研究-医療とのかかわりに注目して-
全件表示
論文 (9件):
  • 菅野 摂子. リプロダクティブ・ヘルス/ライツの成立と今日的課題. 国際ジェンダー学会誌. 2019. 16. 47-59
  • 菅野 摂子. 「高齢妊娠」への医療の眼差し-産婦人科商業誌を手がかりにして-. 立教社会福祉研究. 2018. 37. 19-29
  • 菅野 摂子. 出生前検査における意思決定支援の困難性-遺伝カウンセラー・臨床心理士の語りから-. 日本保健医療社会学論集. 2017. 28. 1. 28-33
  • 菅野摂子. 再発/転移を経験した乳がん患者による情報入手のプロセスと背景. 応用社会学研究. 2015. 第57. 105-117
  • 菅野摂子. 選択的中絶とフェミニズムの位相. 社会学評論. 2013. 64. 1. 91-108
もっと見る
MISC (8件):
  • 菅野 摂子. 〔論説〕 出生前検査 の選択性と問題性-出生前検査における女性/男性/遺伝カウンセラーの語りから-. 現象と秩序. 2018. 9. 23-42
  • 菅野 摂子. 高齢妊娠における不安と選択. 学術の動向. 2017. 22. 8. 40-45
  • 菅野摂子. 障がいを持っている人が感じる検診/検査のハードル. ナース専科 ナースプレス「患者の語りから学ぶ看護ケア」. 2016. 45
  • 菅野摂子. 〔書評〕由井秀樹『人工授精の近代-戦後の「家族」と医療・技術』. 季刊『家計経済研究』. 2016. 109. 93-95
  • 菅野摂子. 検査が怖いという患者さんの不安を和らげるには. ナース専科 ナースプレス「患者の語りから学ぶ看護ケア」. 2015. 15
もっと見る
書籍 (7件):
  • 患者の語りと医療者教育 “映像と言葉”が伝える当事者の経験
    日本看護協会出版会 2019
  • 苦悩とケアの人類学 サファリングは創造性の源泉になりうるか?
    世界思想社 2015 ISBN:9784790716723
  • 多元的共生社会の構想
    現代書館 2014
  • 自立と福祉-制度・臨床への学際的アプローチ
    現代書館 2013
  • 妊娠-あなたの妊娠と出生前検査の経験をおしえてください
    洛北出版 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • 男性のリプロダクティブ・ライツ試論 -障がいのある子どもの父親へのインタビュー調査から-
    (日本社会学会 第92回大会 2019)
  • 日本におけるジェンダー格差とICTの進歩
    (国際ジェンダー学会2019年シンポジウム2「AIとジェンダー」 2019)
  • 生殖医療技術と男性性「男性の生殖を問う理由と研究の意義」
    (お茶の水女子大学IGSセミナー(生殖領域) 2019)
  • 「家族」のために利用される出生前検査-母親/父親における2人目の出産という課題
    (日本家族社会学会 第28回大会 2018)
  • 産科医療における社会学的視角-遺伝カウンセリングを事例として
    (日本社会学会 第90回大会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2008 立教大学 社会学研究科 博士後期課程
  • 1997 - 2000 立教大学 社会学研究科 博士前期課程
学位 (1件):
  • 博士(社会学) (立教大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 明治学院大学 社会学部付属研究所 研究員
  • 2007/04 - 現在 立教大学 社会福祉研究所 研究員(2014年から特任研究員)
  • 2013/11 - 2017/03 電気通信大学 男女共同参画・ダイバーシティ戦略室 特任准教授
  • 2008/04 - 2010/03 お茶の水女子大学 ジェンダー研究センター 研究協力員
委員歴 (7件):
  • 2019/10 - 現在 国際ジェンダー学会 理事
  • 2019/06 - 現在 日本保健医療社会学会 評議員
  • 2017/04 - 現在 国際ジェンダー学会 大会実行委員
  • 2017/04 - 現在 日本保健医療社会学会 学会誌編集委員
  • 2016/07 - 現在 認定NPO法人「健康と病いの語りDIPEx-Japan」 監事
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る