研究者
J-GLOBAL ID:200901062934894026   更新日: 2020年04月12日

山本 秀行

ヤマモト ヒデユキ | Yamamoto Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ文学
研究キーワード (4件): アジア系アメリカ演劇 ,  アメリカ演劇 ,  アジア系アメリカ文学 ,  現代アメリカ文学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 「トランスボーダー日系文学」研究基盤構築と世界的展開-「世界文学」的普遍性の探究
  • 2015 - 2019 アジア系アメリカ文学研究のポスト・グローバリズム的展開と多極的研究体制の構築
  • 2009 - 2011 「マスキュリニティ」の比較文化史-公私関係の再検討に向けて
  • 2006 - 2008 国家・共同体・家における<母>機能の意義と変遷-<男>を育てる<女>の比較文化史-
  • 2006 - 国家・共同体・家における<母>機能の意義と変遷ー<男>を育てる<女>の比較文化史
全件表示
論文 (29件):
  • 山本 秀行. Transbordering Strategy in David Henry Hwang's Yellow Face. 神戸英米論叢. 2020. 33. 45-56
  • 山本秀行. 文学戦略としてのスラップスティック-カート・ヴォネガット『スラップステック』とフランク・チン『ドナルド・ダック』における語りと笑い. 英文学研究支部統合号. 2020. 12. 221-229
  • 山本 秀行. 「エミリーへの薔薇」を貫く<ディープ・タイム>-アジア系アメリカ文学へと連なる時空を超えたテクスト的連続性を読み解く. フォークナー. 2018. 20. 49-64
  • 山本 秀行. クロスメディア・アーティストとしてのサム・シェパード-脱構築される西部劇のサブテクストとフォーミュラ. アメリカ演劇. 2018. 28・29. 1-19
  • 山本 秀行. Kip FulbeckのHapaとしてのアイデンティティ・ポリティクスとアート. AALA Journal. 2017. 23. 1-11
もっと見る
MISC (19件):
  • 山本秀行. Opening Speech by AALA President. AALA Journal. 2019. 25. 5-7
  • 山本秀行. (書評)吉田美津著『「場所」のアジア系アメリカ文学-太平洋を往還する想像力』. 英文学研究. 2019. 96. 89-93
  • 山本秀行. (書評)下河辺美知子(編著)『モンロー・ドクトリンの半球分割-トランスナショナル時代の地政学』. アメリカ文学研究. 2018. 54. 62-69
  • 山本秀行. ポール・ボウマン著「出でよジジェク主義者-ブルース・リー、武道、知の問題」. 現代思想 増刊 総特集ブルース・リー. 2013. 41. 13. 218-236
  • 山本 秀行. (科研報告書)アジア系アメリカ文化;文学とアメリカ多文化主義の双方向的影響関係に関する研究. 平成14~17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書. 2006. pp.1-98
もっと見る
書籍 (15件):
  • 憑依する過去-アジア系アメリカ文学におけるトラウマ・記憶・再生
    金星堂 2014
  • 映画の身体論
    ミネルヴァ書房 2011
  • アジア系アメリカ文学を学ぶ人のために
    世界思想社 2011
  • メディアと文学が表象するアメリカ
    英宝社 2009
  • アジア系アメリカ演劇-マスキュリニティの演劇表象
    世界思想社 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • Adventures of Huckleberry Finnとアメリカ大衆演劇--ミンストレル・ショー、バーレスク、ミュージカル
    (マーク・トゥエイン協会第23回大会 2019)
  • 中国系アメリカ人作家の疑似自叙伝における信頼できない語り手-Frank Chin, The Confessions of a Number One Son: The Great Chinese American Novelをめぐって
    (日本英文学会関東支部 第17回大会シンポジウム 2019)
  • 21世紀初頭の中国系アメリカ演劇-デイヴィッド・ヘンリー・ホワンの Yellow Face と Chinglish を中心に
    (2019年度中国文芸研究会 2019)
  • Tranbodering Strategy in David Henry Hwang’s Yellow Face
    (アジア系アメリカ文学研究会(AALA)第136回 例会 2019)
  • エスニック・マイノリティの文学的戦略としてのスラップスティック
    (日本アメリカ文学会関西支部第62回大会フォーラム 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1989 上智大学 大学院文学研究科博士前期課程英米文学専攻修了
学位 (1件):
  • 文学修士 (上智大学)
委員歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 アジア系アメリカ文学会 会長
  • 2019/04 - 現在 日本アメリカ文学会 本部事務局幹事
  • 2018/04 - 2020/03 アジア系アメリカ文学研究会 代表
  • 日本アメリカ文学会 関西支部運営委員
受賞 (1件):
  • 1997/05 - サウンディングス英語英米文学会 第15回刈田賞 サウンディングズ英語英文学会会員
所属学会 (6件):
アジア系アメリカ文学会 ,  Association of Asian American Studies ,  アジア系アメリカ文学研究会 ,  日本アメリカ学会 ,  日本アメリカ文学会 ,  日本英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る