研究者
J-GLOBAL ID:200901063050651649   更新日: 2020年08月26日

篠崎 賢二

シノザキ ケンジ | Shinozaki Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 金属生産、資源生産
研究キーワード (9件): ダイカスト|凝固割れ|耐熱鋼 ,  クリープ強度|溶接|耐熱材料 ,  接合|超硬工具|Ti合金 ,  凝着|異材継手|レーザろう付 ,  高靭性|機械構造用鋼|液相拡散接合 ,  補修| ,  射出成形機|レーザ表面溶融|応力腐食割れ ,  複合材料|マグネシウム合金|半凝固 ,  軽合金|炭素繊維|超音波
論文 (50件):
  • Diffusion Bonding of Intermetallic Compound TiAl. IIW Annual Assembly-1993. 1993. IIW Doc. IX-1705-93
  • 中尾嘉邦, 篠崎賢二, 濱田昌彦. 金属間化合物γ-TiAlの拡散接合継手特性の改善. 学振耐熱金属材料第123委員会研究報告. 1993. 34. 3. 325-333
  • 中尾嘉邦, 篠崎賢二, 濱田昌彦. 金属間化合物 γ-TiAlの 拡散接合性 と継手強度 -TiAlの拡散接合に関する研究(第1報)-. 溶接学会論文集. 1993. 11. 4. 538-544
  • Fractography on Microcracks in Ni-base Multipass Weld Metals. Trans. JWS. 1993. 24. 2. 180-186
  • Effects of Cr and S Ductility-dip Cracking Susceptibilities in the Reheated Weld Metals of Ni-Cr-Fe Ternary Alloys. Trans. JWS. 1993. 24. 2. 187-192
もっと見る
書籍 (10件):
  • 機械材料学
    オーム社 2013 ISBN:4844521608
  • 新版 溶接・接合部組織写真集
    黒木出版社 2013
  • Laser surface modification of alloys for corrosion and erosion resistance
    2012
  • スーパーアロイの溶接ー耐熱・耐食合金の溶接ガイドブックー
    産報出版 2010
  • 溶接冶金研究の進歩と今後の展望
    溶接学会溶接冶金研究委員会編 2003
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1978 - 1982 大阪大学 溶接工学
  • 1976 - 1978 大阪大学 溶接工学
  • 1972 - 1976 大阪大学 溶接工学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (大阪大学)
受賞 (13件):
  • 2015/08/04 - 一般社団法人溶接学会溶接法研究委員会委員長 溶接物理・技術奨励賞
  • 2013/06/11 - 一般社団法人軽金属溶接協会会長 軽金属溶接協会論文賞
  • 2013/03/28 - TANAKAホールディングス株式会社代表取締役社長 TANAKAホールディングス MMS賞
  • 2010/08/04 - (社)溶接学会溶接法研究委員会 溶接物理・技術奨励賞 (社)溶接学会溶接法研究委員会にて発表された研究成果の中で,溶接物理・技術開発に関して優秀な成果と認定
  • 2010/04/21 - 溶接学会 溶接学会業績賞 長年にわたり溶接割れの発生機構ならびに防止対策、発生予測に関する研究を続けており、溶接割れ発生機構の解明および割れ発生予測手法を提案するなど、溶接割れ研究の発展に多大な貢献
全件表示
所属学会 (7件):
軽金属学会 ,  レーザ加工学会 ,  日本鉄鋼協会 ,  日本金属学会 ,  米国溶接学会 ,  溶接学会 ,  日本溶接協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る