研究者
J-GLOBAL ID:200901063444443936   更新日: 2017年02月23日

伊東 利勝

イトウ トシカツ | Ito Toshikatsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://taweb.aichi-u.ac.jp/DMSEH/
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (2件): 歴史学 ,  東南アジア経済史
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1972 - 2018 民族問題
  • 10世紀前東南アジア大陸部の交易ネットワーク
  • コンバウン朝ミャンマーの農村社会
  • 植民地下ミャンマーにおける民衆運動
論文 (4件):
  • 伊東 利勝. 「日本人」の「ビルマ進出」について-「からゆきさん」先導型進出パラダイム批判. ミャンマー:民族と国家(阿曽村・奥平編). 2016. 127-154
  • 伊東 利勝. オウタマ僧正と永井行慈上人. 仏教をめぐる日本と東南アジア地域(アジア遊学). 2016. 192. 127
  • 伊東 利勝. 18世紀エーヤーワディー中流域世界における異人のイメージ. 愛大史学-日本史学・世界史学・地理学-. 2016. 25. 29-78
  • 伊東 利勝. 前近代ビルマ語世界における人の識別について-コンバウン王国を事例に-. 文學論叢. 2015. 151. 1-33
MISC (40件):
  • 伊東 利勝. 人文知の再生に向けて. 人文知の再生に向けて(愛知大学人文社会学研究所編). 2016. i-viii
  • 斎藤照子『東南アジアの農村社会』. 東南アジア-歴史と文化-. 2010. 39. 138-142
  • 伊東 利勝. コンバウン朝ミャンマーにおける地租制度の導入について-タッタメーダ税に関する1864年法令を中心として-. 『愛知大學文學論叢』. 2009. 第139輯. 47-78
  • マンダレー王朝によるタッタメーダ税制の導入とアフムダーン. 19世紀ミャンマーにおける一元的資源管理国家の成立に関する研究(伊東利勝編)(科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書). 2008. 1-44
  • The Toho Gakkai. Karens and the Kon-baung Polity in Myanmar. ACT ASIATICA. 2007. 92. 89-108
もっと見る
書籍 (4件):
  • ミャンマー概説
    めこん 2011
  • 多民族共生社会のゆくえ-昭和初期・朝鮮人・豊橋-
    あるむ 2007 ISBN:9784901095846
  • 世界各国史5 東南アジア史I,第I部第5章,第6章3節,第II部第4章,第7章1節
    山川出版社 1999
  • 公開シンポジウム記録、豊橋の国際化を考える-ある中国人の叫び-
    愛知大学国際問題研究所 1991
Works (22件):
  • ミャンマー国歴史史料調査
    1985 - 現在
  • 旧インド省(ロンドン)所蔵ミャンマー関係史料調査
    2007 -
  • エーヤーワディー中流域史調査
    2007 -
  • 旧インド省(ロンドン)所蔵ミャンマー関係史料調査
    2006 -
  • エーヤーワディー中流域史調査
    2006 -
もっと見る
学位 (1件):
  • 経済学修士
経歴 (4件):
  • 1985 - 1995 愛知大学文学部 助教授
  • 1995 - - 愛知大学文学部 教授
  • 1982 - 1985 愛知大学文学部 講師(専任)
  • 1981 - 1982 愛知大学文学部 助手
委員歴 (1件):
  • 1982 - 1983 東南アジア学会 庶務委員,中部地区委員,会計監査委員,大会委員,大会理事,会長
所属学会 (5件):
東南アジア考古学会 ,  東方学会 ,  社会経済史学会 ,  東南アジア学会 ,  アジア政経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る