研究者
J-GLOBAL ID:200901063917073600   更新日: 2010年03月30日

林 文代

ハヤシ フミヨ | Hayashi Fumiyo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 文学一般 ,  中国文学 ,  ヨーロッパ文学
研究キーワード (6件): メディア・コミュニケーション論 ,  言語態分析 ,  英語・英米文学 ,  Media Communication ,  Literary Theory ,  English and American Literature
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • アメリカ小説とメディア
  • 言語文化とメディア
  • ウィリアム・フォーフナー研究
  • American Novels and Media
  • Culture and Media
全件表示
MISC (21件):
  • 松柏社. 「モダニズムと映画ーーフォークナーの場合」. 『フォークナー』. 2009. 11
  • 林 文代. "Modernism and Film--Cinematic Moments in Some Works of Faulkner's". フォークナー協会英文HP掲載論文. 2009
  • 岩波書店. 「反転するアイデンティティーーアメリカ映画と小説にみるステレオタイプ考」. 『文学』. 2006. 7. 6
  • 言語・文化・歴史:ナラティブ生成の周辺. 科研報告書「英米における言語文化政策の比較研究. 2000. 1-21
  • "Errand into the Wilderness"をめぐる一考察:南部的表象における陰画としてのピューリタリズム. アメリカン・スタディーズ. 1999
もっと見る
書籍 (19件):
  • “Absorbed in Reading the ‘Worst Heart of the World’: Faulkner, Twain, and Their ‘Failed Detectives’”Faulkner and Twain(共著)
    Southeast Missouri State University Press 2009
  • 『英米小説の読み方・楽しみ方』(編著)
    岩波書店 2009
  • 「差別・暴力の表象と他者--エドワード・サイードのメッセージ」『人間の安全保障』(共著)
    東京大学出版会 2008
  • 「〈闘争〉の場としての家庭ーー『若草物語』と『響きと怒り』における家族の肖像」『シリーズもっと知りたい名作の世界1 若草物語』(共著)
    ミネルヴァ書房 2006
  • 『迷宮としてのテクスト-フォークナー的エクリチュールへの誘い』
    東京大学出版会 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • アメリカ的想像力の可能性
    (東京大学英文学会総会講演 2010)
  • 「モダニズムと映画:フォークナーの場合」
    (フォークナー協会大会シンポジウム 2008)
  • 「人文知になにができるか」
    (人間の安全保障シンポジウム 2008)
  • ““I’ve got to spend half my time being a dam detective...”:Faulkner, Twain, and Their “Detectives”
    (Faulkner/Twain conference(Southeast Missouri State University) 2006)
  • 「交錯する感覚・分裂する身体」
    (日本英文学会第77回全国大会シンポジウム「感覚・モダニズム・テクノロジー」 2005)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1980 東京大学 英語英文学
  • - 1980 東京大学
  • - 1971 早稲田大学 英文科
  • - 1971 早稲田大学
学位 (2件):
  • 文学修士 (東京大学)
  • 文学博士(Ph. D.) (インディアナ大学(アメリカ合衆国))
経歴 (8件):
  • 1988 - 1993 東京大学 助教授
  • 1988 - 1993 University of Tokyo, Associate Professor
  • 1993 - - 東京大学 教授
  • 1993 - - University of Tokyo, Professor
  • 1983 - 1988 早稲田大学 助教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 1996 - 1999 日本英文学会 編集委員
  • 1990 - 日本アメリカ文学会 東京支部評議員,大会運営委員
所属学会 (3件):
日本フォークナー協会 ,  日本アメリカ文学会 ,  日本英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る