研究者
J-GLOBAL ID:200901064677176675   更新日: 2019年03月28日

山岡 道男

ヤマオカ ミチオ | Yamaoka Michio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 地域研究
研究キーワード (1件): アジア太平洋地域における国際協力,経済学教育、太平洋問題調査会、国際問題研究所、経済理論、アジア太平洋地域の国際交流、経済学教育論
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2013 - 2016 高校生の経済・金融リテラシーの測定と公民科教員の属性・特徴に関する調査研究
  • 日本統治下の旧植民地・占領地社会経済文化の変容
  • アジア太平洋地域ネットワークの構築とINGO-その過去と現在、将来への展望
  • アジア太平洋地域ネットワークの構築とINGO-その過去と現在、将来への展望
  • アジア太平洋地域における経済学教育の実態と学生の理解度に関する研究
全件表示
論文 (739件):
  • 羊のいなくなった羊の国:ニュージーランド. WAIHEKE(日本ニュージーランド協会ニュースレター)、2015年7月号、日本ニュージーランド協会. 2015. 2-4
  • 朝河貫一研究会の歩み. 朝河貫一研究会ニューズ、朝河貫一研究会、2014年10月18日. 2014. 84. 1-2
  • アジア化するニュージーランド. 『東日本大震災後の公益学と労働運動』、現代公益学会編、第2輯、. 2014. 2. 53-53
  • 会長挨拶. 朝河貫一研究会ニュース、朝河貫一研究会、2014年8月5日. 2014. 83. 6-10
  • トゥイ(Tui)の話など. WAIHEKE 7月号、日本ニュージーランド協会ニュースレター、日本ニュージーランド協会、2014年7月. 2014. July 2014. 1-4
もっと見る
書籍 (110件):
  • 朝河貫一資料:早稲田大学・福島県立図書館・イェール大学他所属
    早稲田大学アジア太平洋研究センター 2015
  • アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書(アスペクト文庫)
    アスペクト 2013
  • 復興力:前進し続ける日本とニュージーランドの協力関係(2012年度国際シンポジウム)
    日本ニュージーランド学会 2013
  • 現代パーソナル・ファイナンス教育論入門
    早稲田大学教育総合研究所 パーソナル・ファイナンス部会 2012
  • 現代経済リテラシー:標準テストによる学習成果の測定;生活経済テスト問題集(第1回〜第10回)
    早稲田大学アジア太平洋研究センター経済教育研究部会 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • コメント(報告者伊藤光子:オークランドの日本人永住者コミュニティーについて)
    (日本ニュージーランド学会2015年度研究大会・総会、常磐大学(茨城県水戸市)、2015年7月4日 2015)
  • 大平洋問題調査会と渋沢
    (渋沢研究会第200回記念例会、二松学舎大学3号館3021教室、2014年11月29日 2014)
  • 写真と動画で見るピーター・バック(テランギ・ヒロア):現地報告
    (2014年度全国ニュージーランド研究3団体10月合同例会、岐阜大学地球科学部第1会議室、2014年10月11日 2014)
  • 朝河貫一研究会の歩み
    (朝河貫一研究会、第99回研究例会、国際文化会館、2014年7月16日 2014)
  • 西安事件を取材したニュージーランド人:ジェームズ・バートラム
    (日本国際文化学会第13回全国大会、山口県立大学国際文化学部、2014年7月5日 2014)
もっと見る
学位 (2件):
  • 経済学修士 (早稲田大学)
  • 学術博士 (早稲田大学)
受賞 (1件):
  • 2004/09 - アメリカ経済教育協議会、国際賞
所属学会 (7件):
日本国際文化学会 ,  朝河貫一研究会 ,  渋沢栄一研究会 ,  日本 ニュージーランド学会 ,  国際アジア文化学会 ,  日本社会科教育学会 ,  経済学教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る