研究者
J-GLOBAL ID:200901065372591008   更新日: 2021年02月16日

木村 涼子

キムラ リョウコ | Kimura Ryoko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育社会学
研究キーワード (5件): education ,  gender ,  マスメディア ,  教育 ,  ジェンダー
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • gender and education
  • ジェンダーと教育
論文 (48件):
  • 木村涼子. 家庭教育を通じての管理統制への道. すばる. 2019
  • 木村涼子. 「家族」と国家の管理統制. 生活経済政策. 2018. 260. 6-10
  • 木村涼子. 大正昭和初期に於ける通俗小説の社会的位置:加藤武雄に注目して. メディア史研究会での口頭発表. 2018
  • 木村涼子. 「改正」教育基本法と家庭教育新法案の密接な関係. 『女も男も』. 2018. 131. 4-9
  • 木村涼子. 家庭教育支援法案がもたらすものー国家と個人の関係を考える. ウェブマガジン・イミダス. 2018
もっと見る
MISC (38件):
  • <主婦>の誕生-婦人雑誌と女性たちの近代. 吉川弘文館. 2010
  • 「ジェンダー・スタディーズ」. 井上俊・長谷正人編『文化社会学入門-テーマとツール』. 2010
  • 「学問領域とジェンダー:ジェンダーと教育研究」. 『ジェンダー史学』. 2010. 第6号
  • 近藤博之・岩井八郎共編『現代教育社会学』、「ジェンダーと教育」. 有斐閣. 2010. 61-77
  • 「キャロル・ギリガン『もう1つの声』-関係性の道徳」. 『社会学ベーシックス5 近代家族とジェンダー』. 2010
もっと見る
書籍 (72件):
  • 中澤渉・野村晴夫編編『人間科学叢書 学ぶ・教える』
    大阪大学出版会 2020
  • 辻浩和・長島淳子・石月静恵 編『女性労働の日本史-古代から現代まで』
    勉誠出版 2019
  • 『近代日本博覧会集成 5 子ども・家庭・婦人博覧会』解説
    国書刊行会 2018 ISBN:9784336062307
  • 『女はどのように働いてきたかー歴史から読み解く』「主婦という労働」の章を担当
    勉誠出版 2018
  • 日本教育社会学会編『教育社会学事典』
    丸善出版株式会社 2018 ISBN:9784621302330
もっと見る
Works (3件):
  • 大衆婦人雑誌にみる近代日本のジェンダー形成-誌面の多面的分析と読者調査
    2008 -
  • アンペイド・ワーク評価政策と雇用市場-若年女性フリーター層を焦点にー
    2005 -
  • 男女共学男女共同参画社会における男女共学化、共修化の研究
    2004 -
学位 (2件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
  • 学術修士 (大阪大学)
委員歴 (5件):
  • 2017/06 - 現在 日本教育学会 地区理事
  • 2009/09 - 現在 日本教育社会学会 理事
  • 2009/09 - 2011/09 日本教育社会学会 研究委員会副委員長
  • 日本女性学会 代表幹事
  • 日本女性学会 幹事
所属学会 (5件):
日本教育学会 ,  日本教育社会学会 ,  日本ジェンダー史学会 ,  日本出版学会 ,  日本女性学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る