研究者
J-GLOBAL ID:200901066337028569   更新日: 2020年01月15日

森山 甲一

モリヤマ コウイチ | MORIYAMA KOICHI
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 知能情報学 ,  ソフトコンピューティング ,  エンタテインメント・ゲーム情報学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2006 - 2009 エージェントの学習における適切な効用の導出方法
  • 2016 - 2019 仮想社会における強化学習エージェントの報酬評価システム発現過程の解析
  • 2019 - 現在 連続の意思決定を要する環境における報酬評価システムの進化
  • 2018 - 現在 人工社会アプローチによる賑わい空間マネジメントのシミュレーション科学
  • 2016 - 2017 マルチエージェント環境における「感情」に基づく社会的エージェントの構築
全件表示
論文 (247件):
  • 森山甲一, 沼尾正行. 環境状況に応じて自己の報酬を操作する学習エージェントの構築. 人工知能学会論文誌. 2002. 17. 6. 676-683
  • Xiaodong Lu, Koichi Moriyama, Ivan Luque, Miho Kanda, Yanqing Jiang, Ryuji Takanuki, Kinji Mori. Timeliness and Reliability Oriented Autonomous Network-Based Information Services Integration in Multi-Agent Systems. IEICE Transactions on Information and Systems. 2005. E88-D. 9. 2089-2097
  • Toshihito Sugimoto, Roberto Legaspi, Akihiro Ota, Koichi Moriyama, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao. Modelling affective-based music compositional intelligence with the aid of ANS analyses. Knowledge-Based Systems. 2008. 21. 3. 200-208
  • Koichi Moriyama, Mitsuhiro Matsumoto, Ken-ichi Fukui, Satoshi Kurihara, Masayuki Numao. Reinforcement Learning on a Futures Market Simulator. Journal of Universal Computer Science. 2008. 14. 7. 1136-1153
  • 森山甲一. 囚人のジレンマゲームにおけるQ学習による協調の維持. コンピュータソフトウェア. 2008. 25. 4. 145-153
もっと見る
MISC (5件):
  • 清川清, 畠中理英, 細田一史, 岡田雅司, 繁田浩功, 石原靖哲, 大下福仁, 角川裕次, 栗原聡, 森山甲一. オーエンス・ルイス:アンビエント環境制御を用いた知的オフィスチェアの提案. システム/制御/情報. 2012. 56. 1. 14-20
  • 森山甲一. 「価値観」の形成:エージェントによる構成論的研究. 生産と技術. 2013. 65. 4. 84-86
  • Yusuke Sakamoto, Ken-ichi Fukui, Daniela Nicklas, Koichi Moriyama, Masayuki Numao. Detection of Concept Drift on an Adaptive Monitoring System. Proceedings of the Workshop on Computation: Theory and Practice. 2014. 140
  • Yusuke Sakamoto, Mai Furukawa, Ken-ichi Fukui, João Gama, Daniela Nicklas, Koichi Moriyama, Masayuki Numao. Concept Drift Detection with Self-Organizing Map for Damage Monitoring. Proceedings of the Workshop on Computation: Theory and Practice. 2015
  • 森山甲一. 感情のようなシステムに基づく社会的エージェント. 合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS)2015講演論文集. 2015
講演・口頭発表等 (222件):
  • 相互依存関係による学習ヒューリスティクスの自動修正
    (日本ソフトウェア科学会 第8回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(MACC) 1999)
  • Constructing an Autonomous Agent with an Interdependent Heuristics
    (The 6th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI) 2000)
  • 相互依存関係にある内部モジュールを持つ自律システムの構築について
    (情報処理学会 第120回知能と複雑系研究会 2000)
  • 自己の報酬を操作する学習エージェントの構築
    (人工知能学会 第45回人工知能基礎論研究会 2001)
  • 環境状況の変化に応じて自己の報酬を操作する学習エージェントの構築
    (日本ソフトウェア科学会 第10回マルチ・エージェントと協調計算ワークショップ(MACC) 2001)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1998 東京工業大学 工学部 情報工学科
  • 1998 - 2000 東京工業大学 情報理工学研究科 計算工学専攻
  • 2000 - 2003 東京工業大学 情報理工学研究科 計算工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (5件):
  • 2003/04/01 - 2005/03/31 東京工業大学 助手
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 大阪大学 助手
  • 2007/04/01 - 2015/03/31 大阪大学 助教
  • 2015/04/01 - 2015/07/31 大阪大学 特任准教授(常勤)
  • 2015/08/01 - 現在 名古屋工業大学 准教授
受賞 (3件):
  • 2007/12 - The 27th SGAI International Conference on Artificial Intelligence Best 6 Papers Modelling Affective-based Music Compositional Intelligence with the Aid of ANS Analyses
  • 2016/02 - The 8th International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) Best Student Paper Adaptive Two-stage Learning Algorithm for Repeated Games
  • 2019/06 - 人工知能学会 2019年度人工知能学会全国大会(第33回)優秀賞 非負値多重行列因子分解の因子行列を用いたクラスタリングと決定木学習によるオフィスの入退室データの分析
所属学会 (2件):
人工知能学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る