研究者
J-GLOBAL ID:200901066701159712   更新日: 2019年12月27日

河端 瑞貴

カワバタ ミズキ | Kawabata, Mizuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/keio.jp/mizukihttps://sites.google.com/keio.jp/mizuki/english
研究分野 (1件): 経済政策
研究キーワード (6件): 空間情報科学 ,  地理情報システム(GIS) ,  経済地理 ,  都市地域政策 ,  空間統計学 ,  空間計量経済学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2019 都市の空間構造と女性就業:GISと空間統計ツールを用いた解明
  • 2013 - 2016 都市政策の経済分析におけるGISと空間データの活用法 研究課題
  • 2010 - 2013 良質な保育所の利用可能性と子育て世帯の就労意欲・行動分析
  • 2008 - 2013 新経済地理学に基づいた、規模縮小時代の都市・地域政策の研究
  • 2008 - 2010 ワーキングマザーの仕事と子育ての両立における保育所アクセシビリティの重要性
全件表示
論文 (18件):
  • 鈴木敬和,河端瑞貴. 農林業センサスを用いた耕作放棄地の地理的加重回帰分析. GIS-理論と応用. 2019. 27. 1. 13-23
  • Kawabata M., Abe Y. Intra-metropolitan spatial patterns of female labor force participation and commute times in Tokyo. Regional Science and Urban Economics. 2018. 68. 291-303
  • 河端 瑞貴. 経済学におけるGIS活用の現状と課題. GIS-理論と応用. 2014. 22. 1. 47-52
  • Kawabata, M. Childcare access and employment: the case of women with preschool-aged children in Tokyo. Review of Urban and Regional Development Studies. 2014. 26. 1. 40-56
  • Kawabata, M. Spatial mismatch problem of childcare in Tokyo. Asami ed. International Conference: Spatial Thinking and Geographic Information Sciences 2011, Prodedia Social and Behavioral Sciences. 2011. 21. 300-303
もっと見る
書籍 (10件):
  • Reexamining the geography of the urban labor market: a case study of the San Francisco Bay Area
    Springer-Verlag 2003
  • Examining accessibility inequality towards sustainable development and transportation
    2005
  • 公共政策とGIS
    朝倉書店 2008
  • 人や企業はなぜ都市に集積するのか
    日本経済新聞出版社 2014
  • 経済・政策分析のためのGIS入門 ArcGIS 10.2 & 10.3 対応
    古今書院 2015
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 慶應義塾 経済学部
  • 1997 - 慶應義塾 政策・メディア
  • 2002 - マサチューセッツ工科大学 建築計画学科 都市計画専攻
学位 (3件):
  • 学士(経済学) (慶應義塾)
  • 修士(政策・メディア) (慶應義塾)
  • Ph.D. (Urban and Regional Planning) (マサチューセッツ工科大学 (MIT))
経歴 (4件):
  • 2002 - 2004 東京大学 機関研究員(PD)
  • 2005 - 2011 東京大学 助教授(准教授)
  • 2012 - 2013 慶應義塾大学 准教授
  • 2014 - 現在 慶應義塾大学 教授
委員歴 (33件):
  • 2019/04/01 - 2021/03/31 国土交通省 行政事業レビュー外部有識者
  • 2019/04 - 現在 公益財団法人日本住宅総合センター 住宅経済研究会 研究委員
  • 2018 - 2019 地理情報システム学会 企画委員
  • 2018 - 応用地域学会 論文賞選考委員長
  • 2018 - 日本地理学会 英文叢書編集委員会委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2015/11/28 - 応用地域学会 応用地域学会論文賞
  • 2006/10 - 地理情報システム学会 地理情報システム学会 研究奨励賞
  • 2002/11 - 米国大学計画学会 最優秀博士論文賞(Barclay Gibbs Jones Award for Best Dissertation in Planning, Association of Collegiate Schools of Planning)
  • 2002/06 - マサチューセッツ工科大学大学院博士課程都市計画専攻 優秀博士論文賞 (Outstanding Ph.D. Dissertation Award, Department of Urban Studies and Planning, MIT)
所属学会 (4件):
地理情報システム学会 ,  日本経済学会 ,  応用地域学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る