研究者
J-GLOBAL ID:200901066813778784   更新日: 2020年03月27日

関 良子

セキ ヨシコ | Seki Yoshiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://medievalvictorian.wordpress.com/
研究分野 (3件): 英文学、英語圏文学 ,  文学一般 ,  中国文学
研究キーワード (11件): 文芸雑誌 ,  詩学 ,  文学論 ,  英米文学 ,  デジタル・アーカイヴ ,  ヴィクトリア朝 ,  英米文化 ,  ヴィクトリア朝詩 ,  英文学 ,  English & American Culture ,  Victorian Studies
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2023 唯美主義と政治性の接点-モリス、バーン=ジョーンズ、クレインを中心に
  • 2014 - 2016 19世紀英詩における同時代主義と懐古主義の相克
  • 2010 - 2012 ヴィクトリア朝詩学の確立と破綻-文芸雑誌上の論議を手がかりに
  • 2005 - 2009 騎士道ロマンス再話にみる修辞法 -アルフレッド・テニスン、ウィリアム・モリスの中世主義詩-
  • 2005 - 2009 The Rhetoric of Retelling Old Romances: Medievalist Poetry by Alfred Tennyson and William Morris
論文 (8件):
  • Seki Yoshiko. Roy Kiyooka as Postmodernist Poet : The Charm of his Language (A Nisei Artist in Canada : Papers from the 2013 Symposium on Reed : The Life and Works of Roy Kiyooka). 国際社会文化研究. 2013. 14. 67-74
  • 関良子, ダレン・リングリー, フミコ・キヨオカ, 中川芙佐. 日系カナダ人二世芸術家ロイ・キヨオカの芸術と生涯. 国際社会文化研究. 2013. 14. 57-95
  • 関 良子. デジタル人文学が拓くヴィクトリア朝文芸雑誌研究の可能性. 国際社会文化研究. 2010. 11. 51-70
  • 関 良子. 「ウィリアム・モリスのアイスランド巡礼 - その詩作への影響の考察 -」. 研究領域V-3 文学・芸術の社会的媒介機能「芸術とコミュニケーションに関する実践的研究」研究報告集. 2009. 240-244
  • Seki Yoshiko. William Morris as a Storyteller : His Position in the Aesthetic Movement. 待兼山論叢. 文学篇. 2008. 42. 35-49
もっと見る
MISC (5件):
  • 関 良子. 詩人モリスの作詩法 -Love Is Enough を題材に. 日本英文学会第91回大会Proceedings. 2019
  • 関 良子. 歴史言説からの 19 世紀中世主義の再理解. 日本英文学会関西支部 第13回 Proceedings. 2019
  • 関 良子. [Review] Wonderlands: The Last Romances of William Morris by Phillippa Bennett. Studies in English Literature (English Number). 2018. 59. 61-66
  • 関 良子. The Earthly Paradiseにおける「ロマンス」あるいは過去の感覚. 日本英文学会第80回大会proceedings. 2008. 80. 89-91
  • 関 良子. 観察される心理と身体--「グィネヴィアの弁明」におけるdramatic monologueの変奏. 日本英文学会第78回大会proceedings. 2006. 78. 68-70
書籍 (6件):
  • 越境スタディーズ : 人文学・社会科学の視点から
    高知大学人文学部国際社会コミュニケーション学科, リーブル出版 (発売) 2015 ISBN:9784863381117
  • 英語のデザインを読む
    英宝社 2015 ISBN:9784269770539
  • The Rhetoric of Retelling Old Romances: Mediavalist Poetry by Alfred Tennyson and William Morris
    Eihosha 2015 ISBN:4269740310
  • 移動する英米文学
    英宝社 2013 ISBN:9784269750326
  • 〈アンチ〉エイジングと英米文学
    英宝社 2013 ISBN:9784269750302
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 詩人ウィリアム・モリスの作詩法-Love Is Enoughを題材に
    (日本英文学会第91回全国大会 2019)
  • 歴史言説からの19世紀中世主義の再理解
    (第13回日本英文学会関西支部大会 2018)
  • Late-Medievalism or Post-Medievalism: Medieval Ethos in Walter Pater’s Renaissance
    (32nd International Conference on Medievalism (International Society for the Study of Medievalism) 2017)
  • ポストモダン詩人キヨオカ
    (高知大学ミニシンポジウム「A pre-screening discussion of ‘REED’ themes」 2013)
  • D・G・ロセッティ『生の館』(1870, 1881)における「曖昧化」された加齢[ エイジング ]
    (シンポジウム「<アンチ>エイジングと英米文学」(阪大英文学会第44回大会) 2011)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2009 大阪大学大学院 文化表現論専攻
  • - 2003 同志社大学 英文学科
学位 (1件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 高知大学 人文社会科学部 人文社会科学科 国際社会コース 准教授
  • 2013/04 - 2016/03 高知大学 人文学部 准教授
  • 2009/10 - 2013/03 高知大学 人文学部 講師
所属学会 (5件):
The Tennyson Society ,  日本ヴィクトリア朝文化研究学会 ,  日本英文学会関西支部 ,  日本英文学会 ,  日本英文学会中国四国支部
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る