研究者
J-GLOBAL ID:200901069198566444   更新日: 2021年11月25日

松山 茂

マツヤマ シゲル | Matsuyama Shigeru
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2023 ハマキガの産卵による誘導現象ー寄主卵由来因子に応答する茶葉防衛機構の解明ー
  • 2019 - 2022 社会性昆虫の階級分化と季節適応:母性効果の世代を超えた表現型多型の発生制御機構
  • 2019 - 2022 社会性アブラムシの建築生物学-植物ゴール内ホメオスタシスと社会制御ー
  • 2017 - 2020 寄生蜂の学習行動を生起する匂い物質から見たスイッチング捕食の3者系動態理論
  • 2014 - 2017 寄生蜂の学習行動によるスイッチング捕食理論の新展開:個体群動態と神経行動学の統合
全件表示
論文 (118件):
  • Kosaki, Atsuya, Uehara, Takuya, Naka, Hideshi, Matsuyama, Shigeru, Ando, Tetsu, Honda, Hiroshi. Identification and behavioral assays of sex pheromone components in Smerinthus tokyonis (Lepidoptera: Sphingidae). APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY. 2021. 56. 373-378
  • Suzuki, Ryo O, Maesako, Yuri, Matsuyama, Shigeru. Severe grazing pressure on an unpalatable plant, Primula japonica, and its potential chemical compound for grazing defence in a long-term deer grazing habitat. 植生学会誌 : vegetation science. 2021. 37. 2. 101-107
  • Sunohara, Yukari, Nakano, Kaori, Matsuyama, Shigeru, Oka, Tomomasa, Matsumoto, Hiroshi. Cuminaldehyde, a cumin seed volatile component, induces growth inhibition, overproduction of reactive oxygen species and cell cycle arrest in onion roots. Scientia Horticulturae. 2021. 289
  • Komatsuzaki, Suguru, Piyasaengthong, Narisara, Matsuyama, Shigeru, Kainoh, Yooichi. Effect of Leaf Maturity on Host Habitat Location by the Egg-Larval Parasitoid Ascogaster reticulata. Journal of Chemical Ecology. 2021
  • 増本 博司, 松山 茂. 解糖系をコントロールして特定の代謝物の増産へとつなげることは可能か?. 生物工学会誌. 2020. 98. 4. 168-169
もっと見る
MISC (4件):
特許 (1件):
  • シロアリ防除剤及びその利用
書籍 (8件):
  • 極限環境生物の産業展開<普及版>
    シーエムシー出版 2019 ISBN:9784781313702
  • 極限環境生物の産業展開
    シーエムシー出版 2012 ISBN:9784781306247
  • Microbial Communities in Crude Petroleum Oils and Metagenomics
    Metagenomics and its Applications in Agriculture, Biomedicine and Environmental Studies・Nova Science Publishers Inc. 2010
  • Mechanisms regulating caste differentiation in an aphid social system
    Communicative & Integrative Biology 2010
  • 共生細菌が昆虫の植物適応を変える~宿主生態に与える影響からその生理機構まで
    植物細菌病談話会論文集 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • The corpus allatum-projecting neurons regulate reproductive dormancy via suppression of juvenile hormone biosynthesis in Drosophila melanogaster.
    (The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14) 2021)
  • キイロショウジョウバエの生殖休眠を制御する内分泌器官直接投射神経の機能解析
    (第92回日本動物学会オンライン米子大会 2021)
  • Neuronal control of juvenile hormone biosynthesis to regulate reproductive dormancy in the fruit fly Drosophila melanogaster
    (The 5th International Insect Hormone Virtual Workshop 2021 (IIHVW2021) 2021)
  • Neuronal control of reproductive dormancy in the fruit fly Drosophila melanogaster
    (第65回日本応用動物昆虫学会大会 2021)
  • クロオオアリの雄特異的物質の生態的機能 -働きアリに対する作用-
    (第65回日本応用動物昆虫学会大会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 筑波大学 応用生物化学
  • - 1986 筑波大学 生物応用化学
経歴 (2件):
  • 2000/04/16 - 現在 筑波大学 講師
  • 1991/04/16 - 現在 筑波大学 助手
委員歴 (4件):
  • 2018/06 - 現在 一般社団法人 日本養蜂協会 平成30年度養蜂等振興強化推進事業 養蜂技術指導推進委員
  • 2018/06 - 現在 一般社団法人 日本養蜂協会 蜜蜂に対するウイルス感染等実態調査事業推進委員
  • 2017 - 現在 Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists Councilor
  • 2017/01 - 2018/12 日本応用動物昆虫学会 責任編集委員
所属学会 (7件):
日本農芸化学会 ,  日本動物学会 ,  日本昆虫学会 ,  日本応用動物昆虫学会 ,  International Society of Chemical Ecology ,  Entomological Society of America ,  Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る