研究者
J-GLOBAL ID:200901069756852971   更新日: 2020年09月01日

今西 和俊

イマニシ カズトシ | Imanishi Kazutoshi
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=K72007099
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (3件): 応力 ,  微小地震 ,  地震学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 地震発生過程の研究
論文 (73件):
  • Ohtani Makiko, Imanishi Kazutoshi. Seismic potential around the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake assessed considering the viscoelastic relaxation. EARTH PLANETS AND SPACE. 2019. 71
  • Makiko Ohtani, Kazutoshi Imanishi. Seismic potential around the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake assessed considering the viscoelastic relaxation. Earth, Planets and Space. 2019. 71
  • 今西和俊, 内出崇彦, 大谷真紀子, 松下レイケン, 中井未里. 関東地域の地殻応力マップの作成. 地質調査研究報告. 2019. 70. 3. 273-298
  • Reiken Matsushita, Kazutoshi Imanishi, Makiko Ohtani, Yasuto Kuwahara, Jiuhui Chen, Shengli Ma. Seismic Potential Around the Northeastern Edge of the Longmenshan Fault Zone as Inferred from Seismological Observations. Pure and Applied Geophysics. 2019
  • 桑原保人, 宮川歩夢, 大坪誠, 今西和俊. マグニチュード6クラスの内陸地震は全国どこででも起きているのか?-活断層と内陸地震の位置の関係についての予備的解析. 活断層・古地震研究報告. 2018. 18. 249-255
もっと見る
MISC (20件):
  • 桑原保人, 宮下由香里, 今西和俊, 内出崇彦, 松本則夫. 2018年6月18日に大阪府北部で発生した地震に関する情報. GSJ地質ニュース. 2018. 7. 8. 187-190
  • 今西和俊. 地盤に刻まれた大地震の痕跡 5.地震の連鎖. 地盤工学会誌. 2017. 65. 7. 49-56
  • 鈴木貞臣, 大久保慎人, 今西和俊, 武田直人. 立体アレイとHi-netを利用した深部低周波地震(LFE)の詳細な震源決定. 東濃地震科学研究所報告. 2017. 38. 133-139
  • ANDO Ryosuke, IMANISHI Kazutoshi, MIYAKE Hiroe, YOSHIMI Masayuki, MATSUSHIMA Shinichi. On Application of Dynamic Rupture Simulations to Assess Possible Earthquake Source Parameters for Beppu-Haneyama Fault Zone, southwestern Japan. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.SSS15-03 (WEB ONLY)
  • 白濱吉起, 吉見雅行, 粟田泰夫, 丸山正, 吾妻崇, 宮下由香里, 森宏, 今西和俊, 武田直人, 落唯史, et al. 2016年熊本地震に伴う地表地震断層とその特徴. 日本地震学会秋季大会講演予稿集. 2016. 2016. 253
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
所属学会 (2件):
American Geophysical Union ,  日本地震学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る