研究者
J-GLOBAL ID:200901070270399092   更新日: 2020年05月08日

中村 正彰

ナカムラ マサアキ | Nakamura Masaaki
研究分野 (4件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎 ,  数理解析学 ,  計算科学
研究キーワード (14件): 数値シミュレーション ,  非線形現象 ,  大型計算 ,  並列計算 ,  応用解析 ,  数値解析 ,  非線形 ,  シュミレーション ,  ナノテクノロジー ,  数値解析 ,  非線形発展系 ,  数値シミュレーション ,  工学基礎 ,  応用解析学
論文 (14件):
  • 中村 正彰. 取引費用を伴うオプションの数値解析. 日本大学経済学部経済科学研究所紀要. 2007. 37. 17-37
  • Hitoshi Imai, Naoyuki Ishimura, Ikumi Mottate, Masaaki Nakamura. On the Hoggard-Walley-Wilmott Eauation for the Pricing of Options with Transaction Costs. 2007. 14. 315-326
  • N. Ishimura, K-I Nakamura, M. Nakamura. Bifurcation of steady states for the Eguchi-Oki-Mtsumura modelof phase separation. 2006. 85. 6-7. 831-843
  • 石村直之, 中村正彰, 花田孝郎. Singular perturbation problem for a model equation of phase separation. 京都大学数理解析研究所購究録. 2005. 1416. 35-40
  • T. handa, H. Imai, N. Ishimura, M. Nakamura. Eguchi-Oki-Matsumura equation for phase separation: Numerically guided approach. 2003. 433-442
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • Time analyticity for the Egichi-Oki-Matsumura model of phase separation
    (2006)
  • Singular perturbation problem fora model equation of phase separation
    (京都大学数理解析研究所共同研究集会 2004)
  • Singular Perturbation Problem for a Model Equation of Phase Separation
    (2004)
  • ナノテクの数理
    ('理論応用力学講演会,学術会議' 2004)
  • Numerical analysis of EOM system
    (2003)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1971 東京大学 大学院 理学研究科 数学
  • - 1968 東京大学 理学部 数学
学位 (2件):
  • 博士(数理科学) (東京大学)
  • 理学修士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2000/04 - 日本大学 教授
  • 1993/04 - 2000/03 日本大学 助教授
  • 1971/04 - 1993/03 電気通信大学 助手、講師
  • 日本大学 理工学部一般教育 教授
委員歴 (5件):
  • 2004/04 - 日本応用数理学会 評議員
  • 2000/04 - 2004/03 日本応用数理学会 理事
  • 2003 - 日本流通情報学会 理事
  • 1996/05 - 1999/04 日本応用数理学会 論文誌編集委員
  • 1993/04 - 1996/03 日本応用数理学会 学会誌編集委員
所属学会 (3件):
日本応用数理学会 ,  日本数学会 ,  日本流通情報学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る