研究者
J-GLOBAL ID:200901070400687028   更新日: 2019年11月14日

吉田 広

ヨシダ ヒロシ | YOSHIDA Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 愛媛大学  先端研究・学術推進機構 埋蔵文化財調査室   兼任教員
研究分野 (1件): 考古学
研究キーワード (3件): 考古学 ,  弥生文化 ,  青銅器
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2023 器物の「伝世・長期保有」・「復古再生」の実証的研究と倭における王権の形成・維持
  • 2018 - 2023 松帆銅鐸発見を契機とする銅鐸論の再構築
  • 2018 - 2021 日本列島における刃物としての青銅器の再検証
  • 2011 - 2014 3Dレプリカを用いた弥生時代武器形青銅器のライフサイクルの復元実験研究
  • 2011 - 2012 香川県金山産サヌカイト製石器の広域流通システムの復元と先史経済の特質の検討
全件表示
論文 (56件):
  • 吉田 広. 武器形青銅器の東進. 淡路島・松帆銅鐸と弥生社会(季刊考古学・別冊28). 2019. 94-107
  • 吉田 広. 弥生時代<西日本>. 日本考古学・最前線. 2018. 41-50
  • 吉田 広. 青銅器のまつり. 弥生時代って,どんな時代だったのか?. 2017. 88-113
  • 吉田 広. 唐古・鍵遺跡における銅鐸模倣の諸相. 魂の考古学-豆谷和之さん追悼論文編-. 2016. 411-420
  • 吉田 広. 日本列島の初期青銅器文化. 季刊考古学. 2016. 135. 60-63
もっと見る
MISC (40件):
  • 吉田 広. 文京遺跡出土資料の展示と青銅器研究. 大学と埋蔵文化財~キャンパスの遺跡・発見された文化財の魅力~. 2019. 27-27
  • 吉田 広. 新刊紹介 小林青樹『弥生文化の起源と東アジアの金属器文化』. 考古学研究. 2019. 66. 1. 77-77
  • 石野博信・森岡秀人・難波洋三・福永伸哉・吉田 広・和田晴吾. 討論 松帆銅鐸と淡路の青銅器をめぐって. 淡路島・松帆銅鐸と弥生社会(季刊考古学・別冊28). 2019. 108-135
  • 吉田 広. 大学での博物館と考古学教育. 考古学ジャーナル. 2018. 720. 5-8
  • 小笠原永隆・藤沢 敦・峰村 篤・北澤 滋・柳戸信吾・奥野麦生・松崎元樹・大竹憲昭・山川 均・藤野次史・吉田 広・佐藤浩司・橋口定志・近藤秀夫・矢島國雄. 埋蔵文化財保護にかかわる最近の動向. 日本考古学. 2018. 47. 61-82
もっと見る
書籍 (17件):
  • 岩倉古窯跡群
    京都大学考古学研究会 1992
  • 出雲神庭荒神谷遺跡 第一冊 本文編
    島根県教育委員会・島根県古代文化センター 1996
  • 弥生時代の武器形青銅器(考古学資料集21)
    国立歴史民俗博物館 春成研究室 2001
  • しまなみ水軍浪漫のみち文化財調査報告書-埋蔵文化財編-
    愛媛県教育委員会 2002
  • 樽味遺跡IV-樽味遺跡4次調査・樽味遺跡5次調査・桑原西稲葉遺跡3~5次調査-
    愛媛大学埋蔵文化財調査室 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • 武器形青銅器の流通状況
    (古代学協会四国支部第10回松山大会「弥生後期の瀬戸内海-土器・青銅器・鉄器からみたその領域と交通-」 1996)
  • 青銅器からみた四国の弥生社会
    (第2回 日本人・日本文化学際シンポジウム 2000)
  • 青銅器・青銅からみた弥生時代の交易
    (第49回 埋蔵文化財研究集会「弥生時代の交易-モノの動きとその担い手-」 2001)
  • 武器形青銅器にみる帰属意識
    (考古学研究会第48回総会・研究集会「地域とエスニシティ」 2002)
  • 地域型甕の成立と展開-瀬戸内型甕を中心に-
    (第16回古代学協会四国支部研究大会「弥生時代前期末~中期初頭の動態」 2002)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1986 - 1990 京都大学 文学部 史学科 考古学専攻
  • 1990 - 1992 京都大学 文学研究科修士課程 考古学
  • 1992 - 1994 京都大学 文学研究科博士後期課程 考古学
経歴 (7件):
  • 1994/04 - 1996/03 京都大学文学部 助手(埋蔵文化財研究センター)
  • 1996/04 - 2002/09 愛媛大学法文学部 講師
  • 2002/10 - 2007/03 愛媛大学法文学部 助教授
  • 2007/04 - 2009/03 愛媛大学法文学部 准教授
  • 1996/04 - 2014/03 愛媛大学埋蔵文化財調査室 調査員
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2018/12 - 現在 南あわじ市 松帆銅鐸展示検討委員会
  • 2017/10 - 現在 アジア鋳造技術史学会 編集部委員
  • 2017/10 - 現在 彦根市 稲部遺跡群調査検討委員会委員
  • 2016/10 - 現在 鳥取県 とっとり弥生の王国調査整備活用委員会委員
  • 2016/04 - 2019/03 国立歴史民俗博物館 客員教員
全件表示
所属学会 (7件):
日本文化財科学会 ,  考古学研究会 ,  史学研究会 ,  日本考古学協会 ,  九州考古学会 ,  アジア鋳造技術史学会 ,  文化財保存全国協議会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る