研究者
J-GLOBAL ID:200901070844770177   更新日: 2019年11月28日

愼 蒼健

シン チヤンゴン | SHIN Chang-Geon
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/sengokagakushi/home
研究分野 (1件): 科学社会学・科学技術史
研究キーワード (1件): 科学史、東アジア医学史
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2006 - 2008 植民地期朝鮮における医学研究の歴史的考察
論文 (11件):
  • 愼蒼健. 「戦時期日本医学史」と現代. 科学史研究. 2017. 56. 282. 143-147
  • SHIN Chang-Geon. On the Frontiers of Japanese Imperial Medicine:The Return of Korean Medical Students to Korea. Book of Abstracts,the 14th International Conference on the History of Science in East Asia. 2015. 130-131
  • 愼蒼健. 植民地社会の医療化-東京帝大による朝鮮社会の衛生調査とその限界. 科学史研究. 2012. 51. 264. 242-244
  • 愼蒼健. 京城帝國大學漢藥研究之成立. TAIWANESE JOURNAL FOR STUDIES OF SCIENCE, TECHNOLOGY & MEDICINE. 2010. 第十一期2010年10月. 285-320
  • 愼蒼健. 京城帝国大学医学部の「植民地性」とは何か?-衛生学教室の社会医学研究について. 科学史研究. 2009. 第48. 249. 48-52
もっと見る
MISC (28件):
  • 愼蒼健. 書評「『これが人間か 改訂完全版 アウシュヴィッツは終わらない』プリーモ・レーヴィ著」. 2019わたしが選んだこの一冊. 2019. 25
  • 愼蒼健. 帝国における伝統医学研究の系譜-京都、京城、台北、満洲、北京. 科研費・基盤A「帝国日本の知識ネットワークに関する科学史研究」第4回国際ワークショップ「満州の科学・医学史」. 2014. 147-151
  • 愼蒼健. 「植民地帝国日本における少数者」研究の現状と課題. ソウル大学校アジア研究所国際学術大会「少数者と社会的排除からみた日本帝国と植民地:朝鮮と台湾」(韓国語). 2014. 465-471
  • 愼蒼健. 「今どきの大学生」論に潜む思考. 科学フォーラム. 2013. 347. 18
  • 愼 蒼健. コメント(シンポジウム:<昭和史>の中の人類学者-人類学と科学史の対話). 科学史研究. 2009. 48. 252. 253
もっと見る
書籍 (16件):
  • 朝鮮人物事典
    大和書房 1994
  • 岩波講座:現代思想13 テクノロジーの思想
    岩波書店 1994 ISBN:4-00-010543-4
  • 20世紀のメディア3 マルチメディアの諸相とメディアポリティクス
    ジャストシステム 1996 ISBN:4-88309-083-3
  • 岩波:哲学・思想事典
    岩波書店 1998
  • 20世紀を生きた朝鮮人
    大和書房 1998
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • 日本の植民地と科学博物館(【シンポジウム】帝国主義と科学-とくに戦前の日本を中心として)
    (日本科学史学会第41回年会 1994)
  • 1930年代朝鮮科学運動の歴史的性格
    (1994年朝鮮史研究会関東部会12月例会 1994)
  • 植民地期朝鮮科学運動のナショナリズム
    (日本科学史学会第44回年会 1997)
  • 「近代医学と伝統医療のジレンマから見る医療、身体、国家-台湾における精神医学と生殖医療の事例から」に対するコメント
    (日本台湾学会第五回学術大会 2003)
  • 先端医療技術受容と韓国文化論
    (韓国・朝鮮文化研究会・第10回例会 2003)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1990 早稲田大学 理工学部 電気工学科
  • - 1992 東京大学 理学研究科 科学史・科学基礎論専攻
  • - 1996 東京大学 総合文化研究科 広域科学専攻相関基礎科学系
学位 (1件):
  • 修士(理学) (東京大学)
経歴 (18件):
  • 2000 - 2001 青山学院女子短期大学教養学科 講師(非常勤)
  • 1996 - 2003 千葉大学普遍教育 講師(非常勤)
  • 2002 - 2003 東京農工大学 講師(非常勤)
  • 1996 - 2003 東京工芸大学芸術学部 講師(非常勤)
  • 2005 - 2006 同志社大学現代アジア研究センター 嘱託研究員
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2019/07 - 2021/06 大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者
  • 2019/01 - 2020/12 韓国近現代史学会 学会理事等
  • 2019/01 - 2019/08 国際東アジア科学技術医学史学会 第15回国際東アジア科学史会議・国際プログラム委員会委員
  • 2017/08 - 2019/07 大韓醫史學會 学会誌及び論文誌の編集者
  • 2017/06 - 2019/06 日本科学史学会 学会理事等
全件表示
受賞 (1件):
  • 2009/02/27 - いのちの輝き実践研究奨励賞
所属学会 (7件):
アジア医学史学会 ,  国際東アジア科学技術医学史学会 ,  大韓醫史學會 ,  日本科学史学会 ,  日本科学史学会 ,  財団法人 朝鮮奨学会 ,  韓国近現代史学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る