研究者
J-GLOBAL ID:200901071583729146   更新日: 2020年05月25日

鈴木 弘行

スズキ ヒロユキ | Suzuki Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 呼吸器外科学
研究キーワード (8件): 糖タンパク ,  肺腺癌 ,  腫瘍免疫学 ,  肺癌の分子生物学 ,  癌の免疫療法 ,  胸部悪性腫瘍に対する集学的治療 ,  肺癌に対する化学療法 ,  肺癌の外科治療
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2023 切除不能な進行・再発非小細胞肺癌患者に対するアテゾリズマブの多施設共同前向き観察研究(J-TAIL)
  • 2018 - 2022 EGFR遺伝子変異陽性術後再発非小細胞肺がん患者に対するアファチニブの治療効果と末梢血循環および腫瘍内浸潤CD4+ CD62LlowエフェクターメモリーT細胞の評価を行う前向き観察研究
  • 2017 - 2020 EGFRチロシンキナーゼ阻害薬未投与非小細胞肺癌症例におけるC797S遺伝子変異の探索
  • 2017 - 2020 ニボルマブの薬効等と薬物の体内動態に関する研究
  • 2017 - 2019 切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌患者を対象としたニボルマブの有効性と安全性の検討-メディカルチャートレビューによる日本のリアルワールドデータの後方視的観察研究-
全件表示
論文 (84件):
  • Megumi Furuta, Jun Sakakibara-Konishi, Hajime Kikuchi, Hiroshi Yokouchi, Hiroshi Nishihara, Hiroyuki Minemura, Masao Harada, Shigeo Yamazaki, Kenji Akie, Yuka Fujita, Kei Takamura, Tetsuya Kojima, Toshiyuki Harada, Yoshinori Minami, Naomi Watanabe, Satoshi Oizumi, Hiroyuki Suzuki, Masaharu Nishimura, Hirotoshi Dosaka-Akita, Hiroshi Isobe, on behalf of, Hokkaido Lung, Cancer Clinical, Study Group. Analysis of DLL3 and ASCL1 in Surgically Resected Small Cell Lung Cancer (HOT1702). The Oncologist. 2019. 24. 11. e1172-e1179
  • Koichi Fujiu, Yasuo Fukaya, Masahiro Kamimoto, Hideaki Miyamoto, Yue Cong, Hiroyuki Suzuki. Combined Application of Nivolumab and Intravesical Bacillus CalmetteGuérin Led to Acute-Onset Type 1 Diabetes. Case Reports in Oncology. 2019. 12. 2. 430-433
  • Tatsuo Shimura, Masahiko Shibata, Takuya Inoue, Yuki Owada-Ozaki, Takumi Yamaura, Satoshi Muto, Takeo Hasegawa, Yutaka Shio, Hiroyuki Suzuki. Prognostic impact of serum transthyretin in patients with non-small cell lung cancer. Molecular and Clinical Oncology. 2019. 10. 6. 597-604
  • Nobuhiko Takahashi, Hirotaka Hoshi, Arisa Higa, Gen Hiyama, Hirosumi Tamura, Mayu Ogawa, Kosuke Takagi, Kazuhito Goda, Naoyuki Okabe, Satoshi Muto, Hiroyuki Suzuki, Kenju Shimomura, Shinya Watanabe, Motoki Takagi. An In Vitro System for Evaluating Molecular Targeted Drugs Using Lung Patient-Derived Tumor Organoids. Cells. 2019. 8. 5. 481
  • Mitsunori Higuchi, Masayuki Watanabe, Kotaro Endo, Ikuro Oshibe, Nobutoshi Soeta, Takuro Saito, Hiroshi Hojo, Hiroyuki Suzuki. Wine cup stoma anastomosis after extended sleeve lobectomy for central-type squamous cell lung cancer. Journal of Cardiothoracic Surgery. 2019. 14. 1. 36
もっと見る
書籍 (4件):
  • 呼吸器外科テキスト:外科専門医・呼吸器外科専門医をめざす人のために
    株式会社南江堂 2016
  • Immunotherapy of Cancer: An Innovative Treatment Comes of Age.
    Springer Japan 2016 ISBN:9784431550303
  • 免疫細胞治療II
    幻冬舎 2011
  • がんペプチドワクチン療法
    中山書店 2009
講演・口頭発表等 (306件):
  • これだけは知っておきたい腫瘍免疫のエッセンス~最近の免疫療法の知見も含めて~
    (Lung Cancer Symposium 2018)
  • Castleman病に肺癌肉腫を併発した一切除例
    (第59回日本肺癌学会学術集会 2018)
  • 肺癌取り扱い規約第8版でstaging困難な肺腺癌の1手術例
    (第59回日本肺癌学会学術集会 2018)
  • 非小細胞肺癌における免疫療法の進歩
    (第19回西さっぽろ癌談話会 2018)
  • これだけは知っておきたい腫瘍免疫のエッセンス~最新の免疫療法の知見も含めて~
    (第178回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2018)
もっと見る
受賞 (2件):
  • 2007/04/12 - 日本外科学会 第107回 日本外科学会総会 優秀演題(iPos賞) 細胞増殖関連分子の発現とFDG-PET集積度を用いたクラスター解析による肺癌の悪性度診断の可能性:Tissue Microarray法による検討
  • 2007/01/25 - 福島医学会 平成18年度 福島医学会 学術奨励賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る