研究者
J-GLOBAL ID:200901073402437524   更新日: 2019年11月13日

尾崎 倫孝

オザキ ミチタカ | Ozaki, Michitaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://prometheus-lsi.com/
研究分野 (1件): 外科学一般
研究キーワード (5件): 生体イメージング ,  酸化ストレス ,  細胞死 ,  肝傷害 ,  肝再生
競争的資金等の研究課題 (49件):
  • 2019 - 2022 生体分子の量と活性を測るオプトバイオ分析の創発
  • 2019 - 2022 肝虚血・再灌流傷害における多段階多元的傷害進展のメカニズム解析
  • 2019 - 2022 ランタニド・ナノ粒子(LNP)を利用した癌細胞特異的光治療法の開発
  • 2017 - 2021 毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法の開発
  • 2017 - 2020 炎症誘導性の細胞死に着目した、慢性炎症性疾患の病態の解明と治療法の開発
全件表示
論文 (158件):
  • 尾崎 倫孝. Cellular and molecular mechanisms of liver regeneration: proliferation, growth, death and protection of hepatocytes. Seminars in Cell and Developmental Biology. 2019
  • 尾崎 倫孝. Extracts of bilberry (Vaccinium myrtillus L.) fruits improve liver steatosis and injury in mice by preventing lipid accumulation and cell death. Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 2019. 83. 11. 2110-2120
  • 尾崎 倫孝. Activation of caspase-3 during Chlamydia trachomatis-induced apoptosis at a late stage. Canadian Journal of Microbiology. 2019. 65. 135-143
  • 尾崎 倫孝. Photo-Activatable Akt Probe: A New Tool to Study the Akt-Dependent Physiopathology of Cancer Cells. Oncology Research. 2018. 26. 6. 467-472
  • 尾崎 倫孝. Detection of Necroptosis in Ligand-Mediated and Hypoxia-Induced Injury of Hepatocytes Using a Novel Optic Probe-Detecting Receptor-Interacting Protein (RIP)1/RIP3 Binding. Oncology Research. 2018. 26. 11. 503-513
もっと見る
MISC (13件):
  • Ozaki M, Ozawa T, Yamada Y, Nakao K, Minato N, Uemoto S. Development of a New In Vivo Optical Probe for Biological Diagnosis and Therapy. 2015
  • Michitaka Ozaki, Teruyuki Kawabata, Michiyasu Awai: Iron release from haemosiderin and production of iron catalysed hydroxyl radical in vitro in Medical Biochemical and Chemical aspects of free radicals. (O.Hayaishi, E.Niki, M.Kondo,T.Yoshikawa eds.) p・・・. 1989
  • 腎不全治療学 第一版<太田 和夫編>. 南江堂. 1997
  • 腎不全の外科-病態とマネジメント-<太田 和夫編>. 南江堂. 2000
  • Niemann-Pick病C型の一剖検例. 臨床と剖検. 1986. 37. 105-105
もっと見る
書籍 (1件):
  • 「移植のための臓器摘出と保存」
    シュプリンガー・ジャパン 2012
講演・口頭発表等 (145件):
  • 生体リズムの乱れを超高感度で検出する組織密着型センサーの開発 ~疾患発症解明への応用を目指して~
    (第26回日本時間生物学会学術大会)
  • “光”を通じて今見えること、そして将来できること ?医療へそして日常へ-
    (北海道大学大学院保健科学研究院 公開講座2014「ようこそ!ヘルスサイエンスの世界へ」)
  • Iron release from haemosiderin and production of iron catalysed hydroxyl radical in vitro.
    (The 4th Biennial General Meeting of the Society for Free Radical Research 1987)
  • Immunomodulatory effects of Kupffer cells on antigen stimulated T-lymphocyte proliferation in vitro.
    (Digestive Disease Week-USA. 1998)
  • Effects of an hepatic sinusoidal endothelial cell fraction on Kupffer cell antigen presentation.
    (Digestive Disease Week-USA 1998)
もっと見る
Works (32件):
  • 肝再生おける細胞内シグナルの解析 -Stat3経路およびPI3-K/PDK/Akt経路の重要性- 第104回日本外科学会定期学術集会 サージカルフォーラム
  • 肝虚血・再潅流傷害-レドックスシグナル伝達による傷害・再生の機序-、第10回臓器保存生物医学会総会 シンポジウムS-3「各臓器における臓器障害の機序の共通点と相違点」
  • - Redox Gene Therapy - 虚血・再潅流傷害抑制、再生促進に向けた遺伝子治療の可能性、シンポジウム「遺伝子工学的手法をもちいた臓器保存」、第30回日本低温医学会総会
  • 肝再生おける細胞内シグナルの解析 -Stat3経路およびPI3-K/PDK/Akt経路の重要性- 第104回日本外科学会定期学術集会 サージカルフォーラム
  • Redox Gene Therapy - 肝虚血再潅流障害克服への新たな展望 -、第7回日本臓器保存生物医学会総会 シンポジウム
    2000 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1975 - 1978 岡山県立岡山操山高等学校
  • 1978 - 1984 岡山大学 医学部 医学科
  • 1984 - 1988 岡山大学大学院博士課程
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (16件):
  • 1987 - 1989 倉敷第一病院 研修医
  • 1984 - 1989 岡山大学 臨床研修医
  • 1989 - 1991 山口南陽病院 外科医長
  • 1991 - 1993 東京女子医科大学 研究生
  • 1995 - 1996 南大和病院 外科部長
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2018/05 - 現在 日本がん分子標的治療学会 評議員
  • 2018/04 - 現在 (一社)日本臓器保存生物医学会 会則委員会委員長
  • 2018/04 - 現在 (一社)日本臓器保存生物医学会 臓器保存機能再生プロジェクト小委員会委員
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 評議員
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 理事
全件表示
受賞 (8件):
  • 2018/09 - IBD and Liver: East Meets West Posters of Distinction. Relevance of FXR-p62/SQSTM1 pathway for survival and protection of mouse hepatocytes and liver with steatosis.
  • 2015/05 - 北海道大学大学院保健科学研究院 第7回北海道大学大学院保健科学研究院長賞
  • 2005 - ILTS 2005 Travel Award International Liver Transplantation Society.
  • 2002 - ACT 2002 International Investigator Award (Dr. Lei Guo as awardee) American Congress of Transplantation
  • 2001 - AST 2001 International Investigator Award American Society of Transplantation
全件表示
所属学会 (14件):
American Transplant Society) 2005-2007年度 ,  日本遺伝子治療学会 ,  日本臓器保存生物医学会 ,  米国移植学会:Awards委員会 ,  国際移植学会 ,  日本生化学会 ,  米国移植学会 ,  企画委員:細胞情報伝達系北海道研究会 ,  日本再生医療学会 ,  評議員:日本移植学会 ,  会員:日本外科学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本透析療法学会 ,  米国遺伝子治療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る