研究者
J-GLOBAL ID:200901074918078390   更新日: 2020年07月15日

三谷 康範

ミタニ ヤスノリ | Mitani Yasunori
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (2件): http://www.pmu.ele.kyutech.ac.jp/http://www.pmu.ele.kyutech.ac.jp/
研究分野 (1件): 電力工学
研究キーワード (7件): 自然エネルギー ,  省エネルギー ,  安定化制御 ,  電力系統 ,  自然エネルギー ,  省エネルギー ,  安定化制御
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • -
論文 (46件):
  • Kazuhito ISHIMATSU, Keitaro ITO, Yasunori MITANI. 【in Press】Developing Urban Green Spaces and Effective Use of Rooftop Spaces for Cooling and Urban Biodiversity. Urban Biodiversity and Ecological Design for Future Cities (Ed) Keitaro ITO. 2020
  • Magdy G, Nour M, Shabib G, Elbaset A.A, Mitani Y. Supplementary frequency control in a high-penetration real power system by renewables using SMES application. Journal of Electrical Systems. 2019. 15. 4. 526-538
  • Mohamed E, Mitani Y. Load frequency control enhancement of islanded micro-grid considering high wind power penetration using superconducting magnetic energy storage and optimal controller. Wind Engineering. 2019. 43. 6. 609-624
  • Kerdphol T, Watanabe M, Mitani Y, Phunpeng V. Applying virtual inertia control topology to SMES system for frequency stability improvement of low-inertia microgrids driven by high renewables. Energies. 2019. 12. 20
  • Shiota A, Nakayama S, Iwai H, Tsuruhara K, Kerdphol T, Mitani Y. Construction of Standardization Method of Estimated Power Consumption System by Driving of EV using Geographic Information System and User's Driving Data. ACM International Conference Proceeding Series. 2019. 62-67
もっと見る
MISC (280件):
  • 古市 泰浩, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 薄 良彦, 石亀 篤司. クープマンモード分解による東日本電力系統における動揺モードの評価 (電力技術 電力系統技術合同研究会・(1)電力技術・電力系統技術一般,(2)分散電源・次世代グリッド). 電気学会研究会資料. PE. 2019. 2019. 65. 65-70
  • 古市 泰浩, 渡邊 政幸, 三谷 康範, 薄 良彦, 石亀 篤司. 位相情報を用いたクープマンモード分解による東日本電力系統における動揺モードの推定. 電気関係学会九州支部連合大会講演論文集. 2019. 2019. 0. 166-167
  • Mohamed E, Magdy G, Shabib G, Elbaset A, Mitani Y. Digital coordination strategy of protection and frequency stability for an islanded microgrid. IET Generation, Transmission and Distribution. 2018. 12. 15. 3637-3646
  • Mohamed E, Said S, Hartmann B, Mitani Y. An Efficient Fuzzy Logic Controlled-SMES for Isolated-Microgrid System Considering High Wind Power Penetration. 2018 5th International Conference on Electric Power and Energy Conversion Systems, EPECS 2018. 2018
  • Hartono J, Hariyanto N, Rahman F, Kerdphol T, Watanabe M, Mitani Y. Power System Stabilizer Tuning to Enhance Kalimantan Selatan - Tengah and Kalimantan Timur System Interconnection Stability Using Particle Swarm Optimization. 2018 5th International Conference on Electric Power and Energy Conversion Systems, EPECS 2018. 2018
もっと見る
書籍 (1件):
  • Power System Monitoring and Control
    Power System Monitoring and Control 2014 ISBN:9781118852422
講演・口頭発表等 (210件):
  • EV電費情報を付加した地理情報システム(GIS)利用による走行支援システム
    (平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 2017)
  • Modeshapeおよび感度評価による電力系統動揺解析
    (平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 2017)
  • 多地点同期位相計測による 系統間動揺周波数計測に基づく 太陽光発電大量導入の影響評価
    (平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 2017)
  • 配電系統における分散設置効果を考慮したPV出力変動のコージェネレーションを用いた抑制制御効果の評価
    (平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 2017)
  • 一地域電力系統の位相・潮流情報に基づく広域動揺モードの同期化力評価
    (平成29年度(第70回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 2017)
もっと見る
Works (6件):
  • 災害時の「電力確保」まで想定した世界最先端のG空間防災モデルの構築
    2014 - 2015
  • 電池の適正充放電管理に基づく自然エネルギー発電共生型電気自動車エネルギーマネジメント・制御システム
    2010 - 2012
  • 自律分散型電気エネルギー流通監視システム
    2006 - 2010
  • GPS時刻同期位相計測装置による電力系統動特性監視システムの研究
    2004 - 2005
  • 多地点同期フェーザ量計測に基づく広域連系電力系統動特性オンライン評定システム
    2002 - 2005
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 大阪大学 工学研究科 電気工学
  • - 1981 大阪大学 工学部 電気工学
学位 (1件):
  • 工学博士 (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 オープンイノベーション推進機構 機構長
  • 2018/04/01 - 現在 九州工業大学 教授
  • 2018/04 - 2020/03 九州工業大学 アカデミー長
  • 2018/04 - 2020/03 九州工業大学 機構長
  • 2012/04/01 - 2018/03/31 九州工業大学 センター長
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2010/04 - 2020/03 (社)エネルギーマネジメント協会 顧問
  • 2016/05 - 2018/05 電気学会 電力エネルギー部門部門長
  • 2014/05 - 2016/05 電気学会 電力エネルギー部門副部門長
  • 2011/01/01 - 2012/12/31 電気学会 新しい電力・エネルギーシステムの要素技術とシステム化協同研究委員会 委員
  • 2010/12/20 - 2012/07/31 電気学会 保護リレーにおける通信利用技術の現状と高度化調査専門委員会 委員長
全件表示
所属学会 (3件):
(社)エネルギーマネジメント協会 ,  電気学会 保護リレーにおける通信利用技術の現状と高度化調査専門委員会 ,  電気学会 新しい電力・エネルギーシステムの要素技術とシステム化協同研究委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る