研究者
J-GLOBAL ID:200901078039212800   更新日: 2021年09月06日

阿部 忍

Abe Shinobu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 日本語教育 ,  日本語学 ,  言語学
研究キーワード (2件): 日本語学 ,  Japanese Linguistics
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 現代日本語文法
  • 日本語教育学
  • 生成文法
  • Teaching Japanese As A Second Language
  • Generative Grammar
全件表示
論文 (9件):
  • 阿部忍. 日本語の補足節と代用形 --引用節とその周辺--. 神戸山手大学紀要. 2012. 14. 129-137
  • 阿部 忍. 補文標識「と」「こと」と命題の規範的構造具現. 神戸山手大学紀要. 2009. 11. 75-87
  • 阿部 忍. 補文標識「の」「こと」に関する若干の考察. 山手国文論攷. 2003. 23. 35-47
  • ことばと主観性-認識動詞構文再考-. 神戸山手女子短期大学紀要. 2001. 44. 1-9
  • 引用節のタイプ分けに関わる文法現象. 山手国文論攷. 1999. 20. 47-62
もっと見る
MISC (7件):
  • Some considerations on Japanese Complementizer "no" and "koto". YAMATE NICHIBUN RONKO. 2003. 23. 35-47
  • Language and Subjectivity -Cognitive Verb Constructions Revisited-. JOURNAL OF KOBE YAMATE COLLEGE. 2001. 44. 1-9
  • Syntactic phenomena pertaining to the classification of quotation clauses. YAMATE KOKUBUN RONKO. 1999. 20. 47-62
  • A memoir on causative sentences with "Cause Subjects". YAMATE KOKUBUN RONKO. 1997. 18. 29-34
  • The Double-O Constraint and causative constructions in Japanese. NIHONGAKUH(]E87B3[). 1996. 15. 65-76
もっと見る
書籍 (3件):
  • 語彙論的統語論の新展開
    くろしお出版 2017 ISBN:9784874247488
  • 現代日本語文法2 第3部 格と構文・第4部 ヴォイス (共著:日本語記述文法研究会)
    くろしお出版 2009
  • 現代日本語文法6 第11部 複文 (共著:日本語記述文法研究会)
    くろしお出版 2008
Works (2件):
  • 日本語記述文法の研究
    1996 -
  • Study of Descriptive Japanese Grammar.
    1996 -
学歴 (4件):
  • - 1996 大阪大学 日本学
  • - 1996 大阪大学
  • - 1989 金沢大学 文学
  • - 1989 金沢大学
学位 (1件):
  • 修士(文学) (大阪大学)
経歴 (16件):
  • 2020/04 - 現在 関西国際大学現代社会学部総合社会学科 准教授
  • 2013/04 - 2020/03 神戸山手大学現代社会学部総合社会学科 准教授
  • 2011/04 - 2013/03 神戸山手大学現代社会学部都市交流学科 准教授
  • 2002 - 2011/03 神戸山手大学人文学部(/現代社会学部) 講師
  • 1996 - 2002 神戸山手女子短期大学 講師
全件表示
所属学会 (8件):
日本語教育学会 ,  日本語文法学会 ,  日本英語学会 ,  日本語学会 ,  Yamate Kokubun Gakkai ,  The English Linguistic Society of Japan ,  The Society of Japanese Grammar ,  The Society for Japanese Linguistics
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る