研究者
J-GLOBAL ID:200901078510906087   更新日: 2020年01月18日

鈴木 栄幸

スズキ ヒデユキ | SUZUKI Hideyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 認知科学 ,  教育工学
研究キーワード (1件): 協同学習支援、学習環境デザイン、状況論、CSCL
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2021 問題解決のための社会関係資本を形成する自己足場かけスキル育成手法の研究
  • 2014 - 2017 集団的問題解決のための自律的組織構築能力を育成する教育システムに関する実証的研究
  • 2011 - 2014 協同学習に特化したノート・テーキングスキルの明確化と訓練手法の開発
  • 2011 - 2014 共感的思考と論理的思考の統合に着目した協同課題解決型議論のための訓練手法の開発
  • 2008 - 2010 協同参画型FDのための多声的授業計画・改善手法の研究
全件表示
論文 (85件):
  • Wakimoto, T., Sasaki, H., Hirayama, R., Mochizuki, T., Eagan, B., Yuki, N., Funaoi, H., Kubota, Y., Suzuki, H., Kato, H. Student Teachers’ Discourse During Puppetry-Based Microteaching. B. Eagan et al. (Eds.): ICQE 2019, CCIS 1112, pp. 234-244, 2019. 2019. 234-244
  • Mochizuki, T., Sasaki, H., Yamaguchi, Y.、Hirayama, R., Kubota, Y., Brendan, E., Wakimoto, T., Yuki, N., Funaoi, H., Suzuki, H., Kato, H. Effects of Perspective-Taking Through Tangible Puppetry in Microteaching and Reflection on the Role-Play with 3D Animation. B. Eagan et al. (Eds.): ICQE 2019, CCIS 1112, pp. 315-325, 2019. 2019. 315-325
  • Suzuki, H., Funaoi, H. & Kubota, Y. Development of a Method and Application to Enhance Seminar-based Learning by Helping Learners Appropriate their Instructor's Words and to Use them as Cognitive Artifacts. S. Carliner (Ed.), Proceedings of E-Learn: World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (pp. 596-601). New Orleans, Louisiana, United States: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE). 2019. 596-601
  • Hideyuki Suzuki, Hideo Funoai, Yoshihiko Kubota, Hiroshi Kato. Developing social capital among learners in collaborative learning through introducing yet another exchange system based on concept of "bi-directional debt". Proceedings of EdMedia + Innovative Learning 2019. 2019. 856-866
  • Suzuki, H., Funoai, H. & Kubota, Y. Supporting construction of social capital in classroom by introducing an alternative reciprocal system based on the concept of “bi-directional debt”. In E. Langran & J. Borup (Eds.), Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference (pp. 909-914). 2018. 909-914
もっと見る
MISC (1件):
  • 対話としてのプレゼンテーション(加藤浩編「プレゼンテーションの実際」). 培風館. 2001. 35-48
書籍 (21件):
  • 旋律の無意図的想起と行為のしわすれ現象(認知科学ハンドブック)
    共立出版 1992
  • プランと状況的行為(7章、8章、補論担当)
    産業図書 1999
  • 学校における「学び」の在り方を再編成するネットワーク(赤堀編小学校編『情報活用能力をはぐくむ』)
    ぎょうせい 2000
  • Identity Formation/Transformation as a Process of Collaborative Learning of Programming Using AlgoArena
    Lawrence Erlbaum Associates 2001
  • 協同学習環境のための社会的デザイン「アルゴアリーナ」の設計思想と評価(有元・加藤(編)シリーズ状況的認知「認知的道具のデザイン」)
    金子書房 2001
もっと見る
講演・口頭発表等 (152件):
  • 遠隔教育におけるオンライン授業評価方式
    (電子情報通信学会教育工学研究会ET89 No. 106 1989)
  • 旋律の無意図再生について
    (日本心理学会第53回大会発表論文集 1989)
  • オンライン受講状態把握システムの試作と実践利用
    (電子情報通信学会教育工学研究会 1990)
  • 逐次要求記録分析法の提案
    (電子情報通信学会春季全国大会講演論文集 1990)
  • 問題解決能力の育成を目的とした教育環境構築への試み -アルゴブロックのコンセプト提案
    (電子情報通信学会、教育工学研究会信学技報ET91-106 1991)
もっと見る
学位 (2件):
  • 文学修士 (慶應義塾大学)
  • 博士(学術) (総合研究大学院大学)
経歴 (3件):
  • 1994/10 - 1995/10 Institue for Research on Learning, Palo Alto 客員研究員(NEC 在籍のまま)
  • 1988/04/01 - 2000/03/31 NEC 中央研究所
  • 2000/04 - 茨城大学人文学部
委員歴 (12件):
  • 2019/06/01 - 2021/06/01 日本教育工学会 編集委員
  • 2019/05/01 - 電子情報通信学会 教育工学専門委員会 委員長
  • 2017/06/01 - 2019/05/01 電子情報通信学会 教育工学専門委員会 専門委員
  • 2014/07/01 - 2018/09/01 日本科学教育学会 理事
  • 2015/04/01 - 日本教育工学会 SIG委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2019/06/26 - Edmedia + Innovative Learning 2019 Edmedia + Innovative Learning 2019 Outstanding Paper Award
  • 2015/09/22 - 日本教育工学会論文賞
  • 2014/09/14 - 日本科学教育学会 日本科学教育学会年会発表賞
  • 2011/08/24 - 日本科学教育学会科学教育実践賞
  • 2011/05/10 - 電子情報通信学会シニア会員
全件表示
所属学会 (6件):
日本教育工学会 ,  日本科学教育学会 ,  教育システム情報学会 ,  日本認知科学会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る