研究者
J-GLOBAL ID:200901079095416881   更新日: 2018年02月27日

鈴木 則宏

スズキ ノリヒロ | SUZUKI NORIHIRO
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 神経内科学
論文 (484件):
  • 鈴木 則宏. Spatiotemporal changes in cerebral blood flow induced by transcranial photostimulation to cortical neurons or astrocytes in the transgenic mice expressing channelrhodopsin-2. JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2017. 37. 367-368
  • 鈴木 則宏. Exploring the role of microglia in cortical spreading depression in neurological disease. JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2017. 37. 4. 1182-1191
  • 鈴木 則宏. Cytoprotective role of microglia-derived nitric oxide induced by TLR4 stimulation in concert with astroglial pentose-phosphate pathway activation through the Keap1/Nrf2 system. JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2017. 37. 401-401
  • 鈴木 則宏. Repeated longitudinal in vivo imaging of cortical microglia under chronic hypoxia in the mice using two-photon microscopy with a closed cranial window technique. JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2017. 37. 12-13
  • 鈴木 則宏. Improved outcome utilizing a novel catalytic antioxidant carbon nanoparticle in hyperglycemic stroke in rats at clinically relevant recanalization times. JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2017. 37. 348-348
もっと見る
書籍 (17件):
  • 専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ.神経疾患第3版.
    東京・日本医新報社 2003
  • 脳卒中診療のコツと落とし穴.
    東京・中山書店 2003
  • 頭痛診療のコツと落とし穴
    東京・中山書店 2003
  • 認定医・専門医のための内科学レビュー 2003、最新主要文献と解説
    東京・総合医学社 2003
  • 認定医・専門医のための内科学レビュー 2004、最新主要文献と解説
    東京・総合医学社 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (22件):
  • Chronic transection of perivascular nerve fibers at the ethmoidal foramen affects neither basal cerebral blood flow nor vasoconstrictor action of NOS
    (第17回International Symposium on Cerebral Blood Flow and Metabolism 1995)
  • ラット脳血管におけるinducible-NOSの局在に関する検討
    (脳循環代謝学会 1995)
  • Fisher症候群における免疫吸着療法の有用性について
    (第14回日本神経治療学会総会 1996)
  • Nitric oxide synthase-containing post-ganglionic parasympathetic and nasociliary nerves do not contribute to basal cerebral blood flowin the rat
    (第2回 International Conference Biochemistry and Molecular Biology of Nitric Oxide 1996)
  • 高齢発症クローン病の臨床像の特徴
    (第38回日本消化器病学会大会 1996)
もっと見る
Works (1件):
  • 学務委員会委員
    2003 - 2005
学歴 (3件):
  • 1971 - 1977 慶應義塾大学 医学部
  • - 1981 慶應義塾大学大学院 医学研究科内科学専攻 神経内科学
  • 1987 - 1989 ルンド大学大学院医学研究科(スウェーデン) 医学細胞研究科 神経科学
学位 (2件):
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
  • 医学博士 (ルンド大学)
経歴 (7件):
  • 1993/04/01 - 1998/05/31 水戸赤十字病院第一内科部長 兼 神経内科部長
  • 1997/04/01 - 1998/05/31 水戸赤十字病院副院長
  • 1998/06/01 - 2002/03/31 北里大学医学部内科学III 専任講師
  • 1999/04/01 - 2003/03/31 北里大学医学部 内科学III 診療助教授
  • 2002/04/01 - 2004/03/31 北里大学医学部内科学III 助教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2008 - 2012 日本脳循環代謝学会 理事長
  • 2010 - 2012 日本内科学会 理事
  • 2012 - 日本内科学会 資格認定試験委員会委員長
  • 2013 - 日本神経学会 編集委員長
  • 2014 - 2016 日本内科学会 理事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2000 - 財団法人三井厚生事業団 平成12年度 第33回 財団法人三井厚生事業団医学研究助成
  • 2010 - 日本医師会 平成22年度 日本医師会医学研究奨励賞
  • 2011 - エルゼビア出版株式会社 平成22年度 Award of Neuroscience Research Top Cited Article 2008-2010
  • 2015/02/27 - 公益信託美原脳血管障害研究振興基金 美原賞 神経血管単位(Neurovascular unit)に着目した脳虚血の病態改善および機能回復へ向けた包括的研究
所属学会 (7件):
日本内科学会 ,  日本神経学会 ,  日本脳卒中学会 ,  日本頭痛学会 ,  日本認知症学会 ,  日本脳循環代謝学会 ,  日本疼痛学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る