研究者
J-GLOBAL ID:200901082703327383   更新日: 2021年01月20日

村宮 克彦

ムラミヤ カツヒコ | KATSUHIKO MURAMIYA
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 数理・データ科学教育研究センター  兼任教員
ホームページURL (1件): http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/~muramiya/
研究分野 (1件): 会計学
研究キーワード (1件): 財務会計
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 会計情報の実際的有用性の再検討:高頻度データを用いた実証分析
  • 2018 - 2022 利益情報の役割の再検討:収益性とリスクの評価に関する総合的研究
  • 2016 - 2020 財務報告の質がリスク指標に及ぼす直接的影響の検証
  • 2013 - 2016 企業固有ボラティリティとクラッシュ・リスクに基づく財務会計の機能の検証
  • 2011 - 2014 国際財務報告基準(IFRS)時代の財務報告の質に関する実証的評価
全件表示
論文 (18件):
  • 村宮克彦. 財務報告の目的と会計原則. 會計. 2021
  • 小野慎一郎, 椎葉淳, 村宮克彦. 日本市場におけるバリュートラップ: 会計原則の影響に基づく説明の検証. 経営財務研究. 2020
  • Katsuhiko Muramiya, Tomomi Takada. How cross-shareholding influences financial reporting: Evidence from Japan. Corporate Governance: An International Review. 2020
  • 小野 慎一郎, 村宮 克彦. 対数線形・現在価値法に基づく事業の資本コスト(特集 資本コストの新展開). 証券アナリストジャーナル. 2019. 57. 10. 39-50
  • 村宮 克彦, 竹原 均. ビッグデータと会計研究 (特集 ビッグデータと金融の未来). 証券アナリストジャーナル. 2018. 56. 12. 25-35
もっと見る
MISC (5件):
  • 村宮 克彦. (書評)円谷昭一『政策保有株式の実証分析 - 失われる持合いの経済的効果』日本経済新聞出版. 会計・監査ジャーナル. 2020. 784. 82-83
  • 村宮 克彦. (書評)斎藤静樹『企業会計入門』有斐閣. 企業会計. 2015. 67. 4. 142-142
  • 村宮 克彦. (書評)Ito, Kunio and Makoto Nakano (Eds.), International Perspectives on Accounting and Corporate Behavior (Advances in Japanese Business and Economics), Springer. 証券アナリストジャーナル. 2014. 52. 11. 99-101
  • Accrual Anomaly, Private Information, and Market Price Discovery Process: Evidence from Japan. 2008
  • Management Forecast Accuracy and Cost of Equity Capital. Security Analysts Journal. 2006. Vol.43 No.9, 20pp
書籍 (3件):
  • テキスト国際会計基準
    白桃書房 2018 ISBN:9784561352181
  • 会計情報のファンダメンタル分析
    中央経済社 2013 ISBN:4502474606
  • 企業価値評価の実証分析-モデルと会計情報の有用性検証
    中央経済社 2010 ISBN:4502230006
講演・口頭発表等 (10件):
  • 統一論題報告:財務報告の目的と会計原則
    (日本会計研究学会第79回大会 2020)
  • What Moves Firm Values?
    (第12回TGH会計ファイナンス研究会 2019)
  • 対数線形・現在価値法による加重平均資本コストの推定
    (第11回TGH会計ファイナンス研究会 2019)
  • 会計情報と期待リターン
    (武蔵経済セミナー 2019)
  • Investment-Based Asset Pricing Model and Predictive Power of Accruals for Future Returns"
    (名古屋ファイナンスワークショップ 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2004 - 2007 神戸大学
学位 (1件):
  • 博士(経営学) (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 大阪大学 大学院経済学研究科 准教授
  • 2013/04 - 2015/03 大阪大学 大学院経済学研究科 講師
  • 2010/04 - 2013/03 中央大学 大学院商学研究科 兼任講師
  • 2007/10 - 2013/03 神戸大学 経済経営研究所 講師
委員歴 (8件):
  • 2021/01 - 現在 日本経営財務研究学会 「経営財務研究」編集委員
  • 2020/04 - 現在 日本経済会計学会 Associate Editor, Accounting Letters
  • 2019/11 - 現在 行動経済学会 「行動経済学」編集委員
  • 2019/09 - 現在 日本経営財務研究学会 評議員
  • 2017/12 - 現在 行動経済学会 監事
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/11 - 大阪大学 大阪大学賞(若手教員部門)
  • 2018/10 - 日本経営財務研究学会 日本経営財務研究学会学会賞
  • 2006/10 - 日本証券アナリスト協会 証券アナリストジャーナル賞
所属学会 (6件):
日本経営財務研究学会 ,  日本経済会計学会 ,  日本会計研究学会 ,  アメリカ会計学会 ,  行動経済学会 ,  日本ファイナンス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る