研究者
J-GLOBAL ID:200901082983469773   更新日: 2020年08月27日

池永 満生

イケナガ ミツオ | Ikenaga Mituo
所属機関・部署:
職名: 教授,名誉教授(京都大学)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 社会福祉法人  心愛   理事長
研究分野 (6件): 細胞生物学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 ,  化学物質影響 ,  放射線影響
研究キーワード (6件): DNA修復 ,  宇宙放射線の生物影響 ,  細胞生物学 ,  環境影響評価(含放射線生物学) ,  Cell Biology ,  Environmental Influence Assessment (including Radiobiology)
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 宇宙放射線の生体に及ぼす影響
  • DNA損傷修復の分子機構
  • Biological effects of space radiation
  • Molecular mechanisms for repair of DNA damage
論文 (139件):
MISC (15件):
  • 池永満生. 「放射線物理を巡る諸問題」、「福島県の土壌汚染」及び「懇親会」印象記. 素粒子論研究・電子版-基研主導研究会2012 原子力・生物学と物理. 2012. 13. 3. x1-x3
  • 池永満生. 菅原 努 先生を偲んで. 放射線生物研究. 2010. 43. 4. 336-337
  • 池永満生. 私のRI歴書「低レベルRIの使用規制は厳し過ぎないか」. アイソトープニュース. 2001. 568. 24-27
  • 池永 満生. 宇宙環境は遺伝子にどのような影響を及ぼすか. 京都大学大学院 人間・環境学研究科紀要「人環フォーラム」. 2000. 9. 28-31
  • 池永満生. 宇宙環境が遺伝子に与える影響. 創造の世界. 1997. 104. 27-37
もっと見る
書籍 (18件):
  • Genetic effects of space radiation and microgravity on cultured human cells. In Exploring Future Research Strategies in Space Radiation Sciences. (H. J. Majima and K. Fujitaka, eds.), pp. 86-91.
    Iryoukagakusya Co., Tokyo 2000
  • 宇宙放射線.
    宇宙環境利用のサイエンス(岡田益吉他 編)、裳華房 2000
  • 宇宙開発の明と暗ー環境保全と宇宙放射線の影響.
    環境と健康II(池永満生、野村大成、森本兼襄 編)、ヘルス出版 1998
  • 宇宙線や紫外線が誘発する突然変異.
    「地球環境変動の科学ーII.かけがえのない地球を守るために」(第8回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会 編)、クバプロ出版 1994
  • 環境と健康(書名)(志賀 健、池永満生、森本兼襄 編)
    HBJ出版 1993
もっと見る
Works (2件):
  • 放射線と微小重力の相乗作用に関する研究
    1997 - 2000
  • Synergistic effects of radiation and microgravity on living organisms
    1997 - 2000
学歴 (4件):
  • - 1963 京都大学 原子核理学
  • - 1963 京都大学
  • 1956 - 1960 京都大学 物理学
  • - 1960 京都大学
学位 (2件):
  • 理学博士 (京都大学)
  • (BLANK)Master of Science (Kyoto University)
経歴 (18件):
  • 2001/04 - 2012/03 関西外国語大学 外国語学部 教授
  • 1983 - 2001 京都大学放射線生物研究センター教授(1983〜2001年3月)
  • 1983 - 2001 京都大学 放射線生物研究センター(RBC)
  • 1977 - 1983 助教授(1977〜1983)
  • 1977 - 1983 Associate Professor(1977-1983)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 1976 - 1999 放射線影響学会 幹事,英文学会誌編集委員長
  • 1996 - 癌学会 評議員
  • 1992 - 1995 宇宙生物科学会 副会長,評議員
  • 1993 - 環境科学会 理事
受賞 (3件):
  • 2012/03 - 環境科学会 功績賞
  • 2004/09 - 日本宇宙生物科学会 功績賞
  • 1979/02 - (公益財団法人)高松宮妃癌研究基金 高松宮妃癌研究基金助成金 ショウジョウバエにおける4NQOおよびアルキル化剤によるDNA損傷と発癌
所属学会 (9件):
The American Association for the Advancement of Science ,  環境科学会 ,  宇宙生物科学会 ,  癌治療学会 ,  癌学会 ,  人類遺伝学会 ,  遺伝学会 ,  生物物理学会 ,  放射線影響学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る