研究者
J-GLOBAL ID:200901083988185648   更新日: 2020年06月09日

日笠 幸一郎

ヒガサ コウイチロウ | Higasa Koichiro
所属機関・部署:
研究分野 (2件): システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (5件): 自然選択 ,  ハプロタイプ ,  バイオインフォマティクス ,  機械学習 ,  ゲノム医学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 多階層テンソル因子分解法を用いたオミックスデータ統合型関連解析手法の開発と応用
  • 2017 - 2020 進行・再発卵巣明細胞癌のゲノム解析
  • 2008 - 2010 決定的ハプロタイプに基づく日本人ヒトゲノム構造多型の検出
  • 決定的ハプロタイプに基づく日本人ヒトゲノム中の自然選択領域の検出
論文 (15件):
  • Anderson-Trocmé L, Farouni R, Bourgey M, Kamatani Y, Higasa K, Seo JS, Kim C, Matsuda F, Gravel S. Legacy Data Confounds Genomics Studies. Molecular biology and evolution. 2020. 37. 1. 2-10
  • Ogata Haruhiko, Higasa Koichiro, Kato Tadafumi, Kageyama Yuki, Tahara Hidetoshi, Shimamoto Akira, Takekita Yoshiteru, Bando Hiroki, Koshikawa Yosuke, Sakai Shiho, Nishida Keiichiro, Nonen Shinpei, Kinoshita Toshihiko, Kato Masaki. THE RELATIONSHIP BETWEEN CIRCULATING MITOCHONDRIAL DNA AND MIRNA IN PATIENTS WITH MAJOR DEPRESSION. EUROPEAN NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY. 2019. 29. S134-S135
  • National platform for Rare Diseases Data Registry of Japan. LEARNING HEALTH SYSTEMS. 2019. 3. 3
  • Imaizumi A, Adachi Y, Kawaguchi T, Higasa K, Tabara Y, Sonomura K, Sato TA, Takahashi M, Mizukoshi T, Yoshida HO, Kageyama N, Okamoto C, Takasu M, Mori M, Noguchi Y, Shimba N, Miyano H, Yamada R, Matsuda F. Genetic basis for plasma amino acid concentrations based on absolute quantification: a genome-wide association study in the Japanese population. European journal of human genetics : EJHG. 2019. 27. 4. 621-630
  • Sato Y, Tsukaguchi H, Morita H, Higasa K, Tran MTN, Hamada M, Usui T, Morito N, Horita S, Hayashi T, Takagi J, Yamaguchi I, Nguyen HT, Harada M, Inui K, Maruta Y, Inoue Y, Koiwa F, Sato H, Matsuda F, Ayabe S, Mizuno S, Sugiyama F, Takahashi S, Yoshimura A. A mutation in transcription factor MAFB causes Focal Segmental Glomerulosclerosis with Duane Retraction Syndrome. Kidney international. 2018. 94. 2. 396-407
もっと見る
MISC (18件):
  • 永田 美保, 山田 崇弘, 和田 敬仁, 川崎 秀徳, 澤井 英明, 瀬藤 和也, 川口 喬久, 日笠 幸一郎, 田原 康玄, 松田 文彦, 中山 健夫, 小杉 眞司. 一般地域住民で検出された低ホスファターゼ症原因遺伝子のバリアントと骨形質との関連 ながはまスタディ. 日本遺伝カウンセリング学会誌. 2019. 40. 2. 81-81
  • 川口 修治, 日笠 幸一郎, 山田 亮, 松田 文彦. 次世代シークエンスデータと国際データベースを用いたHLA遺伝子型の決定 (特集 バイオインフォマティクスの進展・臨床応用). 最新醫學 = The medical frontline. 2019. 74. 2. 214-219
  • 小川愛子, 日笠幸一郎, 寺尾知可史, 松田文彦, 松原広己. 3群肺高血圧症と考えられたがBMPR2遺伝子異常が認められた1例. 日本呼吸器学会誌. 2016. 5. 213
  • HIGASA Koichiro, OGAWA Aiko, TERAO Chikashi, SHIMIZU Masakazu, KOSUGI Shinji, YAMADA Ryo, DATE Hiroshi, MATSUBARA Hiromi, MATSUDA Fumihiko. Gene-based association analysis of familial pulmonary arterial hypertension. 日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集. 2016. 61st(Web). ROMBUNNO.Tue(3)-P-209 (WEB ONLY)
  • 松村謙臣, 村上隆介, 日笠幸一郎, 堤孝信, BROWN J. B, ABOU-TALEB Hisham, 濱西潤三, 山口建, 安彦都, 馬場長, 越山雅文, 山田亮, 松田文彦, 奥野恭史, 小西郁生. ゲノム解析によって明らかとなった卵巣明細胞腺癌の病態. 日本婦人科腫瘍学会雑誌. 2015. 33. 3. 381-382
もっと見る
特許 (3件):
学歴 (1件):
  • - 2003 九州大学 医学系研究科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 関西医科大学
  • 2014/04 - 2018/03 京都大学
  • 2012/04 - 2014/03 京都大学
  • 2010/04 - 2012/03 東京大学
  • 2009/04 - 2010/03 理化学研究所ゲノム医学研究センター
全件表示
所属学会 (2件):
日本免疫学会 ,  日本人類遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る