研究者
J-GLOBAL ID:200901084157318940   更新日: 2020年01月01日

川端 美樹

Kawabata Miki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 環境政策、環境配慮型社会 ,  社会心理学
研究キーワード (6件): 環境問題 ,  メディア ,  コミュニケーション ,  社会心理学 ,  Communication Studies ,  Social Psychology
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2015 - 2019 環境問題報道におけるメディアフレームとその受容に関する実証的研究
  • 環境問題とマスメディア
  • 人々の社会的現実への認知に及ぼすメディアの影響
  • 滞米日本人の人種観に関する調査研究
  • Mass media and environmental problems
全件表示
論文 (16件):
  • 川端 美樹. テレビニュースはCOP21をどのように伝えたか-マスメディアにおける環境問題報道の内容分析(1). 目白大学総合科学研究. 2019. 14. 83-90
  • 川端 美樹. 日本人の自然観と環境問題の解釈-環境問題報道における新たなメディアフレームの提言に向けて. 目白大学総合科学研究. 2018. 13. 127-133
  • 川端 美樹. メディア接触行動と社会不安-メディア環境の変容による新たな情報探求行動とその影響. 目白大学総合科学研究. 2014. 10. 63-71
  • 江利川 滋, 山田 一成, 川端 美樹, 沼崎 誠. テレビ親近感とテレビ視聴行動の関連性について. 社会心理学研究. 2007. 22. 3. 267-273
  • 川端 美樹. テレビニュース番組における形式的娯楽化の現状とその問題:字幕・テロップを中心として. 目白大学総合科学研究. 2006. 2. 209-219
もっと見る
MISC (8件):
  • How Television News Matters? : Television news viewing and environmental Awavencess in Japan (共著). Keio Communication Review. 2001. 23. 37-52
  • Influence of the mass media on the public awareness of global environmental issues in Japan (共著). Asian Geographer. 1999. 18. 1-2. 87-97
  • Social Reality Effects of Mass Media : The case of the Aum Shinrikyo Affairs. Media Communication. 1998. 48,105-132
  • Factors affecting Japanese'image of Americans : An interim report of a surveyof resident Japanese nationals in the U.S. The Bulletin of the Institution for Communications Research,Keio University. 1996. 46. 35-53
  • Racial Attitudes of Japanese Sojourners in the United States. L'ESPRIT D'AUJOURDHUI. 1993. 308,140-152
もっと見る
書籍 (26件):
  • フィクションが現実となるとき-日常生活にひそむメディアの影響と心理
    誠信書房 2019
  • メディア用語基本事典〔第2版〕
    世界思想社 2019
  • メディアと表現
    学文社 2014
  • 誠信・心理学事典〔新版〕
    誠信書房 2014
  • 異文化コミュニケーション事典
    春風社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (55件):
  • 日本人の自然観と環境観-環境配慮意識・行動との関連を中心に-
    (日本社会心理学会大会 2019)
  • Japanese View of Nature and Environmental Communication
    (International Association for Media Communication Research 2019)
  • 若者の自然観と環境問題-インタビュー調査による予備的考察-
    (日本社会心理学会大会 2018)
  • The view of nature and environment of Japanese youth: Exploring the audience frame and narrative for environmental issues in Japan
    (International Association for Media Communication Research 2018)
  • 新聞はCOP21をどのように伝えたか-マスメディアにおける環境問題報道の分析(2)-
    (日本社会心理学会大会 2017)
もっと見る
Works (2件):
  • 滞米日本人の人種観に関する調査研究
    1991 - 1992
  • Research on Racial Attitudes of Japanese Sojourners in the United States.
    1991 - 1992
学歴 (4件):
  • - 1991 慶應義塾大学 社会学
  • - 1991 慶應義塾大学
  • 1981 - 1985 慶應義塾大学 人間科学
  • - 1985 慶應義塾大学
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 目白大学 メディア学部 教授
  • 2013/04 - 2018/03 目白大学 社会学部 教授
  • 2007/04 - 2013/03 目白大学 社会学部 准教授
  • 2000/04 - 2007/03 目白大学 社会学部 助教授
  • 1995/04 - 2000/03 福島女子短期大学 助教授
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る