研究者
J-GLOBAL ID:200901084353654311   更新日: 2020年01月18日

川口 裕司

カワグチ ユウジ | KAWAGUCHI Yuji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/index.php?id=48
研究分野 (2件): 言語学 ,  外国語教育
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 1984 - 現在 中世フランス語の文献学
  • 2002 - 2007 言語運用を基盤とする言語情報学拠点
  • 1982 - 現在 現代トルコ語の言語研究
  • 2016 - 2020 フランス語、ポルトガル語、日本語、トルコ語の対照中間言語分析
  • 2012 - 2016 多言語コーパスの構築と言語教育への応用可能性
全件表示
論文 (46件):
  • Yuji Kawaguchi. How Can We Depict Standardization in the Linguistic Atlas? Case Study of Champagne and Brie (ALCB). Philologica Jassyensia. 2017. 42. 2. 237-250
  • Yuji Kawaguchi. Évolution ou variation? - Particules négatives dans les textes anglo-normands. Phraséologie et profils combinatoires : lexique, syntaxe et sémantique, Lexique, syntaxe et sémantique. Hommage à Peter Blumenthal. 2016. 263-275
  • 佐藤 千秋、関 敦彦、伊藤 玲子、川口 裕司. 初級フランス語におけるスピーキング能力可視化の試み-CEFR-J自己評価、タスク評価、学習ストラテジー調査. ふらんぼー. 2016. 41. 165-183
  • Sylvain Detey, Yuji Kawaguchi, Nori Kondo. La liaison chez les apprenants japonophones avancés de FLE: étude sur corpus de parle lue et influence de l’expérience linguistique. Bulletin suisse de linguistique appliquée. 2015. 102. 123-145
  • Yuji Kawaguchi. Formule d’adresse et variation entre faire savoir et faire a savoir dans les actes champenois au XIIIème siècle. Etudes de linguistique médiévale. Hommage à Ambroise Jean-Marc Queffélec. 2015. 93-108
もっと見る
書籍 (28件):
  • フランス語を考える
    三修社 1998 ISBN:4384054033
  • 言語関係論
    人間総合科学大学 2001
  • Recherches linguistiques sur le champenois méridional au moyen âge - Aspects phonétiques et graphiques -
    ランス大学(Université de Reims)新制博士号取得論文 2002
  • 言語情報学研究報告1 TUFS言語モジュール
    21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科 2004
  • 言語情報学研究報告2 言語学・応用言語学・情報工学
    21世紀COEプログラム「言語運用を基盤とする言語情報学拠点」,東京外国語大学大学院地域文化研究科 2004
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1988 パリ第5大学(Universite de Paris V) 言語科学研究科 言語学
学位 (2件):
  • 新制博士(言語学) (ランス大学)
  • 修士(外国語学) (東京外国語大学)
所属学会 (6件):
国際ロマンス語学会 ,  外国語教育学会 ,  フランス語学会 ,  ロマンス語学会 ,  国際フランス語通時言語学会(Société Internationale de Diachronie du Français) ,  日本フランス語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る