研究者
J-GLOBAL ID:200901085500442933   更新日: 2019年09月04日

中村 和彦

ナカムラ カズヒコ | NAKAMURA Kazuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 弘前大学大学院医学研究科附属子どものこころの発達研究センター  センター長
研究分野 (1件): 精神神経科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2018 スペクトラムと注意欠如・多動性障害の病態解明
  • 2013 - 2015 発達障害とトラウマ性発達障害の鑑別およびトラウマへの治療効果判定に関する研究
  • 2011 - 2014 脳画像解析とCNV解析の融合による弧発性自閉症と家族性自閉症の病態解明
  • 2008 - 2011 PETによる自閉症のセロトニン仮説の証明とそれを制御する遺伝子の同定と機能解析
  • 2006 - 2008 脳画像法と分子生物学的手法による高機能自閉症の病態発生に関する研究
論文 (146件):
  • Wang G, Takahashi M, Wu R, Liu Z, Adachi M, Saito M, Nakamura K, Jiang F. Association between Sleep Disturbances and Emotional/Behavioral Problems in Chinese and Japanese Preschoolers. Behavioral sleep medicine. 2019. 1-12
  • Kishi K, Kubo K, Tomita T, Nakamura K, Yasui-Furukori N. Insulinoma resembling a rapid eye movement sleep behavior disorder: a case report. International medical case reports journal. 2019. 12. 51-54
  • Yasui-Furukori N, Murakami H, Otaka H, Nakayama H, Murabayashi M, Mizushiri S, Matsumura K, Tanabe J, Matsuhashi Y, Yanagimachi M, Nakamura K, Daimon M, Sugawara N. Personality associated with depressive status in individuals with type 2 diabetes mellitus. Neuropsychiatric disease and treatment. 2019. 15. 1133-1139
  • Yasui-Furukori N, Murakami H, Otaka H, Nakayama H, Murabayashi M, Mizushiri S, Matsumura K, Tanabe J, Matsuhashi Y, Yanagimachi M, Nakamura K, Daimon M, Sugawara N. Coping behaviors and depressive status in individuals with type 2 diabetes mellitus. Annals of general psychiatry. 2019. 18. 11
  • Yoshida S, Adachi M, Takahashi M, Takanyanagi N, Yasuda S, Osada H, Nakamura K. The factor structure and construct validity of the parent-reported Inventory of Callous-Unemotional Traits among school-aged children and adolescents. PloS one. 2019. 14. 8. e0221046
もっと見る
MISC (49件):
  • 斉藤 まなぶ, 小枝 周平, 大里 絢子, 三上 美咲, 坂本 由唯, 三上 珠希, 中村 和彦. 【発達障害の30年】発達障害さまざま 発達性協調運動障害(DCD). そだちの科学. 2019. 32. 47-54
  • 高橋 芳雄, 足立 匡基, 安田 小響, 斉藤 まなぶ, 栗林 理人, 中村 和彦. 日本における幼児期の睡眠に関する問題の特徴について. 弘前医学. 2019. 69. 1-4. 203-203
  • 下山 修司, 古川 智範, 小潟 佳輝, 中村 和彦, 上野 伸哉. 遺伝子Tspoの発現制御メカニズムの解明. 弘前医学. 2019. 69. 1-4. 207-207
  • 中村 和彦. 自閉スペクトラム症と注意欠如・多動性障害の遺伝研究. 上原記念生命科学財団研究報告集. 2018. 32. 1-4
  • 中村和彦. 自閉スペクトラム症児者のライフステージに応じた“つながる”支援~一般社団法人日本LD学会公開シンポジウム(新潟)より~自閉スペクトラム症児者の理解. LD研究. 2018. 27. 3. 266-277
もっと見る
書籍 (6件):
  • イルカ・セラピー入門 : 自閉症児のためのイルカ介在療法
    ブレーン出版 2003 ISBN:4892427195
  • 子どもの精神医学
    金芳堂 2008 ISBN:4765313506
  • CAARS : 日本語版マニュアル
    金子書房 2012
  • 子どものこころの医学
    金芳堂 2014 ISBN:4765316092
  • 大人のADHD臨床: アセスメントから治療まで
    金子書房 2016 ISBN:4760821732
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • ミニシンポジウム 知的障害の研究 遺伝子、環境との関係
    (第46回日本神経精神薬理学会年会 2016)
  • 自閉スペクトラム症児者の理解
    (2017年度 一般社団法人日本LD学会 公開シンポジウム 2017)
  • 自閉スペクトラム症児者のライフステージに応じた“つながる”支援
    (2017年度 一般社団法人日本LD学会 公開シンポジウム 2017)
  • The effect of chronic diazepam administration induced upregulation of Lcn2 expression on cognitive function
    (第44回日本脳科学会 2017)
  • AP-1 complex induces mouse Tspo gene expression by lipopolysaccharide in microglial cell line, BV-2.
    (第44回日本脳科学会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1984 - 1990 香川医科大学 医学部 医学科
  • 1990 - 1994 香川医科大学大学院
学位 (1件):
  • 医学博士 (香川医科大学)
経歴 (5件):
  • 1998 - 2000 香川医科大学 助手
  • 2000 - 2002 東京都精神医学総合研究所 研究員
  • 2002 - 2009 浜松医科大学 講師
  • 2009 - 2012/12 浜松医科大学 准教授
  • 2013/01 - 現在 弘前大学 教授
受賞 (2件):
  • 2004 - 2004年度 日本臨床精神神経薬理学会奨励賞 アスペルガー症候群における脳内セロトニン・トランスポーター密度に対するPETを用いた研究
  • 1999 - 第6回日本アルコール薬物医学会優秀論文賞 アルコール慢性投与マウスの脳内のアセトアルデヒドアダクトについて
所属学会 (5件):
日本精神神経学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本脳科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る