研究者
J-GLOBAL ID:200901089490242391   更新日: 2019年11月01日

舩冨卓哉

フナトミ タクヤ | Takuya Funatomi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://omilab.naist.jp/~funatomi/index-j.htmlhttp://omilab.naist.jp/~funatomi/
研究分野 (4件): 知覚情報処理・知能ロボティクス ,  知覚情報処理 ,  知能情報学 ,  メディア情報学・データベース
研究キーワード (28件): コンピュータビジョン ,  レーザースキャナ ,  バーチャルリアリティ ,  三次元形状計測 ,  画像処理 ,  計測工学 ,  ディジタルヒューマンモデル ,  形状復元 ,  知能ロボティックス ,  光線追跡 ,  形状計測 ,  姿勢操作 ,  能動型計測 ,  弱同期 ,  バーチャルスタジオ ,  CGモデリング ,  メディア処理 ,  レジストレーション ,  環境メディア ,  実物体観測 ,  3次元モデル ,  映像撮影 ,  仮想物体操作 ,  支援システム ,  インタラクション ,  知能情報処理 ,  遠隔コミュニケーション支援 ,  時空間コンテキスト
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2019 多元光情報の符号化計測と高次元化処理の協調設計
  • 2014 - 2017 幾何形状と反射特性の同時計測のための光線場再構成
  • 2011 - 2013 三次元形状計測による姿勢操作可能な手モデルの構築
  • 2007 - 2008 チンダル現象を利用した光線追跡による物体形状計測
論文 (156件):
  • Kajihara Takehiro, Funatomi Takuya, Makishima Haruyuki, Aoto Takahito, Kubo Hiroyuki, Yamada Shigehito, Mukaigawa Yasuhiro. Non-rigid registration of serial section images by blending transforms for 3D reconstruction. PATTERN RECOGNITION. 2019. 96
  • Kubo H, Jayasuriya S, Iwaguchi T, Funatomi T, Mukaigawa Y, Narasimhan SG. Programmable Non-Epipolar Indirect Light Transport: Capture and Analysis. IEEE transactions on visualization and computer graphics. 2019
  • Muraji Takeshi, Tanaka Kenichiro, Funatomi Takuya, Mukaigawa Yasuhiro. Depth from phasor distortions in fog. OPTICS EXPRESS. 2019. 27. 13. 18858-18868
  • Kuniyoshi Fusataka, Funatomi Takuya, Kubo Hiroyuki, Sawada Yoshihide, Kato Yumiko O., Mukaigawa Yasuhiro. Visibility Enhancement by Integrating Refocusing and Direct-Global Separation with Contact Imaging. INTERNATIONAL JOURNAL OF COMPUTER VISION. 2019. 127. 8. 1162-1174
  • Asada Shigenobu, Kubo Hiroyuki, Funatomi Takuya, Mukaigawa Yasuhiro. Simultaneous Reproduction of Reflectance and Transmittance of Ink Paintings. IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS. 2019. E102D. 4. 691-701
もっと見る
MISC (111件):
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (61件):
  • 二重四元数の線形回帰を用いた多関節モデルの姿勢操作
    (電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会(PRMU) 2015)
  • 視差情報を用いたグラフカットによる4次元光線空間の領域分割
    (第18回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015) 2015)
  • 4次元光線空間の生成による多重スクリーンへの投影に向けた画像調整法の検討
    (ビジュアルコンピューティングワークショップ2015 2015)
  • 画像調整法を用いた4次元光線空間生成による多重スクリーンへの個別情報提示
    (情報処理学会CVIM研究会(第199回) 2015)
  • 書画の質感再現を目的とした光学的レプリカの試作
    (情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 2015)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2002 京都大学 工学部 情報学科
  • 2002 - 2004 京都大学 情報学研究科
  • 2004 - 2007 京都大学 情報学研究科
学位 (1件):
  • 博士(情報学) (京都大学)
経歴 (1件):
  • 2007/04 - 2015/02 京都大学 助教
所属学会 (2件):
IEEE ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る