研究者
J-GLOBAL ID:200901090104340900   更新日: 2020年06月09日

岩佐 直仁

イワサ ナオヒト | Iwasa Naohito
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/d62ff6e7b9465087aab8b00b95894746.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d62ff6e7b9465087aab8b00b95894746.html
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (1件): 原子核物理
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1993 - 現在 インビーム核分光による安定線から離れた原子核構造の研究
  • 1990 - 現在 天体核反応の研究
論文 (115件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 2013 Introductory Science Experiments
    Tohoku University 2013
  • 自然科学総合実験2004
    東北大学出版会 2004
講演・口頭発表等 (30件):
  • Study of flow of r-process around A=130 using (d,p) reactions in inverse kinematics
    (International Workshop of OEDO 2018)
  • New isotope search using multi-nucleon transfer processes in deep inelastic scattering
    (Workshop for Einsteinium Campaign in Tokai 2017)
  • Studies of nuclear astrophysics and nuclear structure with Coulomb excitation method
    (International Symposium on Modern Technique and its Outlook in Heavy Ion Science 2016)
  • r過程核の(n,γ)直接捕獲反応率の測定計画
    (RCNP研究会「宇宙核物理実験の現状と将来」 2014)
  • Coulomb dissociation of 36Ca and a project to study (n,γ) and (p,γ) reactions using ANC method
    (SICILY-EAST ASIA WORKSHOP-LOW ENERGY NUCLEAR PHYSICS 2014)
もっと見る
Works (5件):
  • GMOCADI, a graphical user interface of MOCADI
    2008 -
  • CC7700, SBS620, PC-Linuxを用いたCAMAC+VMEデータ収集システム
    2004 -
  • SBS620とPC-Linuxを用いたVMEデータ収集システム
    2001 -
  • A CAMAC Data Acquisition system with CC7700 and PC-Linux
    1997 -
  • MOCADI, a Monte Carlo simulation program to calculate transport of primary beams and projectile fragment beams through optical systems and layers of matter
    1995 -
学位 (1件):
  • 博士(理学) (立教大学)
委員歴 (3件):
  • 2010/06 - 2015/03 日本物理学会東北支部 庶務(会計)
  • 2003/04 - 2004/03 原子核談話会 事務局
  • 2002/12 - 2003/03 日本物理学会実行委員会 委員
受賞 (1件):
  • 1997/03 - 日本物理学会 日本物理学会論文賞 論文「Study of the <SUP>7</SUP>Be(p,γ)<SUP>8</SUP>B Reaction with the Coulomb Dissociation method』(J. Phys. Soc. Japan 65 (1996) 1256)が雑誌Journal of Physical Society of Japanまたは雑誌Progress of Theoretical Physicsに掲載された論文の中で特に優れたものと認められた
所属学会 (2件):
原子核談話会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る