研究者
J-GLOBAL ID:200901092288661707   更新日: 2019年11月15日

椿 真智子

ツバキ マチコ | Tsubaki Machiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 地域研究
研究キーワード (8件): フロンティア ,  近代化 ,  近代日本 ,  景観 ,  多文化社会 ,  多民族社会 ,  エスニック ,  地域文化
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 地域文化論、景観論、多民族社会(とくにアメリカ合衆国・カナダ)のエスニック景観と文化継承 近代日本のフロンティアと景観表象
MISC (21件):
もっと見る
書籍 (13件):
  • 景観写真で読み解く地理
    古今書院(東京) 2018
  • 『地理学概論』(第2版)
    朝倉書店(東京) 2015
  • 小学校社会科を教える本
    東京学芸大学出版会 2015
  • 地域に学ぶ、学生が変わる-大学と市民でつくる持続可能な社会-
    東京学芸大学出版会 2012
  • 世界の国々を調べる 改訂版 東京学芸大学地理学会シリーズ4
    古今書院(東京) 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • 地域資源と対話的学びにもとづく地理教育の可能性:国分寺崖線をめぐる市民活動をとおして
    (日本地理教育学会第69回大会 2019)
  • 談話会「本学修士課程地理学コースにおける副論文の成果と教育課題」趣旨説明:本学大学院の教職大学院化をふまえて
    (2019年度東京学芸大学地理学会「談話会」 2019)
  • 身近な地域の経験・記憶にもとづく地理教育と地域史の融合 -多摩地域の崖線・ハケを事例に-(共同課題『地理教育と歴史地理』)
    (歴史地理学会第62回大会 2019)
  • 日本における多文化共生にむけた教育課題
    (INTERNATIONAL CONFERENCE 2019:Cross-cultural and Interdisciplinary Research in Elementary Education 2019)
  • 文化環境としてのハケ・崖線の地域資源化と市民協働の取り組み
    (歴史地理学会第251回例会 2019)
もっと見る
Works (55件):
  • ペルー,アマゾン地域における地理学的調査
  • ペルー,アンデス地域における地理学的調査
  • カナダの日系人社会に関する調査
  • モンスーンアジアの稲作地域における社会経済的環境変化と農村の変容
  • (書評)山下清海著『チャイナタウン-世界に広がる華人ネットワーク-』丸善ブックス.地理45(12)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 筑波大学大学院博士課程 歴史地理学
  • - 1984 筑波大学 日本研究
学位 (1件):
  • 文学修士 (筑波大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る