研究者
J-GLOBAL ID:200901092705421471   更新日: 2020年06月06日

海老原 孝雄

エビハラ タカオ | EBIHARA Takao
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  理学部 - 物理学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 物理学コース 
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2020 重い電子系物質の強磁場物性と微視的電子状態
論文 (41件):
  • H. Aratani, Y. Nakatani, H. Fujiwara, M. Kawada, Y. Kanai, K. Yamagami, S. Fujioka, S. Hamamoto, K. Kuga, T. Kiss, A. Yamasaki, A. Higashiya, T. Kadono, S. Imada, A. Tanaka, K. Tamasaku, M. Yabashi, T. Ishikawa, A. Yasui, Y. Saitoh, Y. Narumi, K. Kindo, T. Ebihara, A. Sekiyama. Revising the 4f symmetry in CeCu2Ge2: Soft x-ray absorption and hard x-ray photoemission spectroscopy. Physical Review B. 2018. 98. 121113
  • 責任著者]A. Sekiyama, 共著者]Y, Nakatani, H. Yamagami, Y. Saitoh, J. Miyawaki, H. Fujiwara. Evidence for momentum-dependent heavy fermionic electronic structures: Soft x-ray ARPES for CeNi2Ge2. Physical Review B. 2018. 97. 115160
  • 責任著者, Atsushi Miyake, 共著者, 海老原. Different metamagnetism between paramagnetic Ce and Yb isomorphs. Physical Review B. 2017. 96. 085127
  • 責任著者]A. Sekiyama, 共著者, 海老原. Experimental observation of temperature and magnetic-field evolution of the 4 f states in CeFe 2 revealed by soft x-ray magnetic circular dichroism. Physical Review B. 2017. 96. 035151
  • 海老原 孝雄. Specific heat and electrical resistivity at magnetic fields in antiferromagnetic heavy fermion CeAl2. Journal of physics: conference series. 2017. 807. 012011
もっと見る
MISC (32件):
  • Phase diagrams and Fermi surface properties of CePb3. PHYSICAL REVIEW B. 2000. 61. 2513
  • Heavy Conduction Electron in YbAl3 Studies by de Haas-van Alphen Effect. J. Phys. Soc. Jpn. 2000. 69. 895
  • Single Crystal Growth and de Haas-van Alphen Effect of YbAl3. Physica B. 2000. 281&282. 754
  • Phase diagrams and Fermi Surface properties of CePb3. Physical Review B. 2000. 61. 2513
  • Single Crystal Growth and Physical Properties of YbPb3. Journal of The Physical Society of Japan. 1997. 66. 1842
もっと見る
講演・口頭発表等 (87件):
  • 角度分解内殻光電子線二色性による価数揺動物質YbNi2Ge2の4f基底状態対称性の決定
    (日本物理学会 2019)
  • コンプトン散乱測定による重い電子系化合物CeIn3の電子構造の研究
    (日本物理学会 2019)
  • CeCu2Ge2の強磁場比熱
    (日本物理学会 2019)
  • 内殻光電子スペクトル線二色性による立方晶CeAl2における4f基底-励起状態対称性の観測
    (日本物理学会 2018)
  • Magnetization and magnetic phase diagram in heavy fermion antiferromagnet CeAl2 at high magnetic fields
    (2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 筑波大学 工学研究科 物質工学
  • - 1990 東京理科大学 理学部 物理
学位 (1件):
  • 博士(工学) (筑波大学)
受賞 (4件):
  • 2001/10 - コーニンググラント (課題名:高効率熱電変換材料の研究と開発)
  • 1998/10 - 湯川奨学財団 (課題名:RAl3(R:Yb, Tm)のAl-Flux法による純良単結晶育成と電子状態研究)
  • 1997/01 - 高柳研究奨励賞
  • 1996/01 - 井上研究奨励賞
所属学会 (2件):
日本高圧学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る