研究者
J-GLOBAL ID:200901092795352821   更新日: 2020年06月19日

吉田 武男

ヨシダ タケオ | Yoshida Takeo
研究キーワード (5件): 特別活動 ,  シュタイナー教育 ,  道徳教育 ,  家庭教育 ,  幼児教育
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2016 - 2017 「考え、感じ、行動する」主体的で実践的な学びへの挑戦 -道徳教育の質的転換をめざして-
  • 2013 - 2016 ベルリンにおける就学前施設における道徳教育の総合的研究
  • 2010 - 2012 環境モラル教育の教材開発に関する総合的研究
  • 2008 - 2008 シュタイナーの人間形成論-道徳教育の転換を求めて
  • 2003 - 2004 学校における補助教員の導入に関する基礎的研究
全件表示
論文 (104件):
  • 吉田,武男. 『ベルリン陶冶プログラム(改訂版)』について (2). 筑波大学道徳教育研究. 2019. 20. 67-75
  • 吉田,武男. 『ベルリン陶冶プログラム(改訂版)』について (1). 筑波大学道徳教育研究. 2018. 19. 63-72
  • 吉田,武男. シュタイナー教育の視点から日本の道徳教育のあり方を考える. 研究紀要. 2018. 47. 81-88
  • Yoshida,Takeo. 『ベルリン陶冶プログラム』. 筑波大学道徳教育研究. 2017. 18. 85-92
  • 吉田,武男. ベルリンの幼児教育施設における道徳教育. 筑波大学道徳教育研究. 2016. 17
もっと見る
書籍 (60件):
  • 学校経営
    ミネルヴァ書房 2019
  • 教育課程
    ミネルヴァ書房 2019
  • 教育の方法と技術
    ミネルヴァ書房 2019
  • 初等算数科教育
    ミネルヴァ書房 2019
  • 日本教育史
    ミネルヴァ書房 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • Challenges for Moral Education from the Historical Perspectives of Japanese Value Education
    (SEAMEO - University of Tsukuba Symposium VI 2018)
  • Moral educations in the world
    (Natonal Postdoctoral Forum on Moral and Civic Education: Chinese Characteristics and International Vision 2017)
  • ドイツの幼児教育施設における道徳教育-ベルリン市に着目して-
    (日本道徳教育学会第86回大会 2015)
  • 教科教育における道徳指導の試み-算数教材を事例として-
    (*EMPTY*_日本教材学会第21回大会___ 2009)
学歴 (1件):
  • - 1988 筑波大学 教育学
学位 (2件):
  • 教育学修士 (筑波大学)
  • 博士(教育学) (筑波大学)
経歴 (8件):
  • 2011/09/01 - 現在 筑波大学 人間系 教授
  • 2008/05/16 - 2011/08/31 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
  • 2007/04/01 - 2008/05/14 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
  • 1998/09/01 - 2007/03/31 筑波大学 教育学系 助教授
  • 1994 - 1998 高知大学 助教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2017 - 現在 関東教育学会 会長
  • 2016/10 - 現在 日本倫理道徳教育学会 副会長
  • 1999 - 現在 日本道徳基礎教育学会 理事
  • 2015/06 - 2016/07 文部科学省 道徳教育に係る評価等の在り方に関する専門家会議委員
  • 2009 - 2012 日本特別活動学会 理事
全件表示
所属学会 (11件):
日本特別活動学会 ,  日本道徳教育学会 ,  日本道徳基礎教育学会 ,  日本教材学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本教育学会 ,  日本家庭教育学会 ,  日本NIE学会 ,  筑波大学学校教育学会 ,  関東教育学会 ,  日本倫理道徳教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る