研究者
J-GLOBAL ID:200901095069593142   更新日: 2022年03月01日

佐々木 一如

ササキ カズユキ | Sasaki Kazuyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 政治学 ,  政治学
研究キーワード (8件): 政策終了 ,  政策過程論 ,  防災政策 ,  パブリック・リーダーシップ(Public Leadership) ,  危機管理 ,  公共政策 ,  地方自治 ,  行政学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2021 - 2024 新型コロナウィルス対応の政策過程:わが国の自治体を事例として
  • 2020 - 2022 基礎自治体管理職のリーダーシップに関する研究
  • 2012 - 2015 東日本大震災の被災者の復興感の変遷と被災地の復興過程の対応に関する研究
  • 2010 - 2012 都市地域社会の安心安全を支える自治体施策に関する研究
  • 2010 - 2011 行政組織の政策終了に関する調査研究:自治体の新型インフルエンザ対策を事例として
論文 (13件):
  • 佐々木一如. New Group Syndrome in the Handling of the Fukushima Nuclear Power Plant Accident -Crises in Crisis Communication-. ガバナンス研究. 2019. 15. 1-28
  • 佐々木一如. エンドゲーム:危機管理と政策終了. ガバナンス研究. 2017. 13. 121-143
  • 佐々木一如. Japan’s Intergovernmental “Collaboration” for NIMBY facilities?. ガバナンス研究. 2016. 12. 99-115
  • 佐々木一如. "Glocal" Response to the Climate Change and its Socio Economic Impacts: Lessons from Cases of Emergency Managements. ガバナンス研究. 2015. 11. 151-172
  • 佐々木一如. Blame game, Hindsight and Oblivescence: Impediment against Post-Emergency Investigations. ガバナンス研究. 2014. 10. 85-95
もっと見る
MISC (3件):
  • 佐々木一如. 政策終了の政治学:成熟社会における課題をいかに克服するか. 地方行政. 2017. 10694. 2-5
  • 佐々木一如. 危機管理の政治学:関係者間の調整と協働の重要性. 地方行政. 2016. 10656. 2-5
  • 佐々木 一如. 講演会講演録 行政組織の危機管理 : 東日本大震災からの教訓 (特集 東日本大震災研究). 国士舘大学政治研究. 2012. 3. 223-234
書籍 (8件):
  • 『グローカル財政論』
    税務経理協会 2012 ISBN:9784419058135
  • 福島原発事故独立検証委員会調査・検証報告書
    ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012 ISBN:9784799311585
  • 災害から学ぶ-ニューオリンズと三宅島
    都市出版 2011 ISBN:9784901783347
  • 『安全・安心を創出するための15の視点』
    東京法令出版 2009 ISBN:9784809040535
  • 『地域魅力を高める「地域ブランド」戦略』
    東京法令出版 2008 ISBN:9784809040467
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • パブリック・リーダーシップ(Public Leadership)と危機管理
    (日本行政学会 2021)
  • 地方自治体による新型コロナウイルスへの対応: ガバナンスの能力(Governance Capacity) と ガバナンスの正当性(Governance Legitimacy)の 観点から
    (日本地方自治学会 2020)
  • 危機管理における決定のタイミング:新型インフルエンザ対策を事例として
    (日本公共政策学会総会・研究大会(於:桜美林大学) 2018)
  • 地方創生政策と自治体の対応についての一考察
    (韓国地方自治学会:日韓交流セッション(於:世宗市) 2016)
  • Pink Elephant or Reality? Japan’s International Response to Fukushima Nuclear Power Plant Accident
    (国際政治学会総会 (於:ポーランド・ポズナン) 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2002 - 2006 明治大学 博士後期課程
  • 2000 - 2002 明治大学 博士前期課程
  • 1997 - 1999 国際基督教大学
  • 1993 - 1995 国際基督教大学 (中途退学)
学位 (2件):
  • 政治学修士 (明治大学)
  • 教養学士 (国際基督教大学)
経歴 (25件):
  • 2020/04 - 現在 常磐大学 社会安全政策研究所 准教授[併任]
  • 2019/04 - 現在 常磐大学 総合政策学部総合政策学科 准教授
  • 2016/04 - 2022/03 専修大学 法学部 兼任講師『地方自治論I』『地方自治論II』
  • 2018/04 - 2021/03 明治大学 専門職大学院 ガバナンス研究科 兼任講師『Leadership: Theory and Practice』
  • 2017/04 - 2021/03 専修大学 経済学部 兼任講師『行政学1』『行政学2』
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2022/04 - 現在 ひたちなか市 原子力アドバイザー アドバイザー
  • 2021/04 - 現在 水戸市 空家等対策協議会委員
  • 2020/10 - 現在 日本公共政策学会 国際交流委員会 委員
  • 2020/09 - 現在 稲敷市 外部評価委員会 委員
  • 2020/11 - 2021/09 大洗町 総合計画審議会 会長
全件表示
所属学会 (3件):
日本公共政策学会 ,  日本地方自治学会 ,  日本行政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る