研究者
J-GLOBAL ID:200901095342052168   更新日: 2006年01月16日

西村 浩子

ニシムラ ヒロコ | Nishimura Hiroko
所属機関・部署:
職名: 教授,学生課長
研究分野 (1件): 日本語学
研究キーワード (4件): 角筆文献 ,  国語学 ,  Kakuhitsu manuscripts ,  Japanese Language
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2000 - 東アジアにおける角筆文献研究
  • 2000 - Research on Stylus-Impressed Writing in East Asia
  • 1993 - 南西諸島における「標準語」教育についての研究
  • 1993 - Research on Standard Japanese Language Education in the Ryukyu Islands
  • 1987 - 1989 平安・鎌倉時代における「解文」の文体の研究
全件表示
MISC (33件):
  • 奄美諸島における方言禁止実態調査から見えるもの. ことばと社会. 2004. 8
  • 愛媛県内における古文書調査と角筆文献調査. THE ANNUAL BULLETIN OF THE FACULTY OF THE HUMANITIES. 2004. 12
  • 角筆文献研究:21世紀の新分野. 松山東雲女子大学人文学部紀要. 2003. 11
  • Kakuhitsu stylus Studies: New Research for the 21st Century. THE ANNUAL BULLENTIN OF THE FACULTY OF THE HUMANITIES. 2003. 11
  • 言語研究資料としての「御廻文寄記録」-宇和島市三浦田中家蔵 嘉永六年本を中心として-. 愛媛国文研究. 2002. 52
もっと見る
書籍 (10件):
  • 鎌倉時代前期の古文書に見られる「所詮」の用法について
    鎌倉時代語研究 2000
  • On the Patterns of Expressions of Request for Permission in Moshibumi in the Kamaloura Era
    1998
  • 平安・鎌倉時代における「解文」の接続詞について(1)
    鎌倉時代語研究 1993
  • On Coordinate conjunctions in "Gebumi" in the Heian and Kamakura Era
    Kamakurajidaigo Kenkyu 1993
  • 「ケンカ」の始まり
    小林芳規博士退官記念国語学論集 1992
もっと見る
Works (35件):
  • バイリンガルとしてみた奄美諸島方言の位相論的研究
    2002 - 2004
  • 韓国における角筆文献発掘調査研究
    2001 - 2002
  • Research of 'Kakuhitsu'in Korea
    2001 - 2002
  • 楽地園文庫目録
    2002 -
  • ベトナムにおける角筆文献調査
    2002 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1987 広島大学 国語学国文学
  • - 1987 広島大学
  • - 1985 広島大学 国語学国文学専攻
  • - 1985 広島大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (広島大学)
経歴 (6件):
  • 1990 - 1992 広島大学留学生センター 非常勤講師
  • 1990 - 1992 Hiroshima University the Center for foreign
  • 1987 - 1990 広島大学教育学部 非常勤講師
  • 1987 - 1990 Hiroshima University Faculty of Education,
  • students, part time teacher
全件表示
受賞 (1件):
  • 1987 - 新村出賞
所属学会 (8件):
口訣学会 ,  広島大学国語国文学会 ,  表現学会 ,  古文書学会 ,  異文化間教育学会 ,  日本語教育学会 ,  訓点語学会 ,  国語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る