研究者
J-GLOBAL ID:200901096065494790   更新日: 2021年12月02日

難波 ひかる

ナンバ ヒカル | Namba Hikaru
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 応用微生物学 ,  応用分子細胞生物学 ,  ウイルス学 ,  分子生物学
研究キーワード (4件): 遺伝子発現制御 ,  糖類 ,  ウイルス学 ,  Virology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 セシウムがインフルエンザウイルス・RSウイルス感染に及ぼす影響
  • 2014 - 2017 血管内皮細胞におけるインフルエンザ重症化宿主因子の検討
  • 2008 - 2009 ウイルスプロモーターからの外来遺伝子発現に対する糖の促進効果に関する研究
  • 2002 - 2003 ヒトヘルペスウイルス6型、7型感染と宿主免疫応答
  • 2001 - 2002 ベータヘルペスウイルスの造血抑制に関する研究
全件表示
論文 (12件):
  • Hirohito Ogawa, Haruko Hirayama, Satsuki Tanaka, Norio Yata, Hikaru Namba, Nobuko Yamashita, Kenzo Yonemitsu, Ken Maeda, Katsumi Mominoki, Masao Yamada. Risk assessment for hepatitis E virus infection from domestic pigs introduced into an experimental animal facility in a medical school. The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 8. 1191-1196
  • 小川 寛人, 平山 晴子, 田中 爽暉, 矢田 範夫, 難波 ひかる, 山下 信子, 米満 研三, 前田 健, 樅木 勝巳, 山田 雅夫. 岡山大学自然生命科学研究支援センターに搬入される家畜ブタのE型肝炎ウイルス感染状況について. 岡山実験動物研究会報. 2019. 35. 62-63
  • Nobuko Yamashita, Masato Yashiro, Hirohito Ogawa, Hikaru Namba, Nobuyuki Nosaka, Yousuke Fujii, Tsuneo Morishima, Hirokazu Tsukahara, Masao Yamada. Metabolic pathway catalyzed by Vanin-1 pantetheinase plays a suppressive role in influenza virus replication in human alveolar epithelial A549 cells. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2017. 489. 4. 466-471
  • Yuki Miyazaki, Hikaru Namba, Sadayoshi Torigoe, Masahiro Watanabe, Nobuko Yamashita, Hirohito Ogawa, Tsuneo Morishima, Masao Yamada. Monitoring of human herpesviruses-6 and -7 DNA in saliva samples during the acute and convalescent phases of exanthem subitum. Journal of medical virology. 2017. 89. 4. 696-702
  • Miyuki Kimura, Hikaru Namba, Manabu Okubo, Mai Ezumi, Nao Susumu, Masao Yamada, Yujiro Arao. Enhancive effects of d-glucose and its analogs on expression of d-glucose-unrelated transgenes in mammalian cells. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2011. 112. 2. 194-201
もっと見る
MISC (40件):
  • 山下 信子, 小川 寛人, 難波 ひかる, 山田 雅夫. インフルエンザウイルスの細胞侵入に対するセシウム添加の影響(in vitro). 臨床とウイルス. 2020. 48. 3. S91-S91
  • 小川 寛人, 平山 晴子, 田中 爽暉, 矢田 範夫, 難波 ひかる, 山下 信子, 米満 研三, 前田 健, 樅木 勝巳, 山田 雅夫. 岡山大学自然生命科学研究支援センターに搬入される家畜ブタのE型肝炎ウイルス感染状況について. 岡山実験動物研究会報. 2019. 35. 62-63
  • 鳥越 貞義, 渡辺 正博, 難波 ひかる, 山下 信子, 小川 寛人, 山田 雅夫, 菅 秀, 根来 麻奈美. 唾液からのHHV6とHHV7のDNA検出率の前方視的検討 保育園入園半年と非就園半年の比較. 臨床とウイルス. 2019. 47. 2. S84-S84
  • 小川寛人, 平山晴子, 田中爽暉, 矢田範夫, 難波ひかる, 山下信子, 米満研三, 前田健, 樅木勝巳, 山田雅夫. 岡山大学自然生命科学研究支援センターに搬入される家畜ブタのE型肝炎ウイルス感染状況について. 岡山実験動物研究会報. 2019. 35
  • 難波ひかる. ヒトヘルペスウイルス6Bのテグメント蛋白質間の相互作用解析. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2019. 42nd
もっと見る
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (31件):
  • インフルエンザウイルスの細胞侵入に対するセシウム添加の影響(in vitro)
    (第61回日本臨床ウイルス学会 2020)
  • ヒトヘルペスウイルス6Bのテグメント蛋白質間の相互作用解析
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • HHV6Bテグメント蛋白質間相互作用の網羅的解析
    (第67回日本ウイルス学会学術集会 2019)
  • 唾液からのHHV6とHHV7のDNA検出率の前方視的検討 保育園入園半年と非就園半年の比較
    (第60回日本臨床ウイルス学会 2019)
  • 動物実験施設に搬入される家畜ブタにおけるE型肝炎ウイルスの遺伝子検出および血清学的解析
    (第161回日本獣医学会学術集会 2018)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(医学) (岡山大学)
  • 修士(薬学) (岡山大学)
所属学会 (5件):
日本臨床ウイルス学会 ,  ヘルペスウイルス研究会 ,  中国四国ウイルス研究会 ,  日本ウイルス学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る