研究者
J-GLOBAL ID:200901099922407937   更新日: 2020年07月08日

伊藤 真之

イトウ マサユキ | Itoh Masayuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 ,  天文学 ,  科学教育
研究キーワード (6件): 持続可能な開発のための教育 ,  科学教育 ,  月の科学 ,  X線天文学 ,  高エネルギー天体物理学 ,  宇宙物理学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 市民の科学への参加・支援を加速化するオープンサイエンス・リテラシー教育モデル開発
  • 2017 - 2020 バーチャルリアリティ技術を利用した宇宙教育プログラムの 開発と展開
  • 2015 - 2017 日本における展開に向けた宇宙教育の課題と国際動向の研究
  • 2015 - 2017 科学技術ガバナンスの主体となるための市民リテラシーに関する大学教育プログラム
  • 2007 - ネットワーキングと協働を通じた持続可能な発展のための地域社会教育システムの構築
全件表示
論文 (39件):
  • 伊藤真之, 臼井英之, 長野寛之, 巳波弘佳, 甲元一也, 蛯名邦禎. 研究課題設定を重視した科学技術人材育成プログラムROOTのデザインと実装. 日本科学教育学会年会論文集. 2019. 43. 399-400
  • 村中 泰子, 米谷 淳, 谷 篤史, 伊藤 真之, 蛯名 邦禎. ROOT フォローアップ -基礎ステージと実践ステージにおける高校生の成長-. 大学教育研究. 2019. 27. 139-158
  • 山本 雄大, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 申 基澈, 中野 孝教, 横山 正, 三橋 弘宗, 大串 健一, 伊藤 真之. 2016年千種川一斉水温調査の水質分析結果 : 溶存イオン成分の特徴. 神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要. 2018. 12. 1. 67-74
  • Hironori Matsumoto, Hisamitsu Awaki, Manabu Ishida, Akihiro Furuzawa, Shigeo Yamauchi, Yoshitomo Maeda, Ikuyuki Mitsuishi, Yoshito Haba, Takayuki Hayashi, Ryo Iizuka, Kazunori Ishibashi, Masayuki Itoh, Hideyo Kunieda, Takuya Miyazawa, Hideyuki Mori, Takashi Okajima, Satoshi Sugita, Keisuke Tamura, Yuzuru Tawara. Inorbit performance of the Hard X-ray Telescope (HXT) on board the Hitomi (ASTRO-H) satellite. Journal of Astronomical Telescopes, Instruments, and Systems. 2018. 4. 1. 0112121-0112127
  • 山本 雄大, 陀安 一郎, 中野 孝教, 藪崎 志穂, 横山 正, 三橋 弘宗, 大串 健一, 伊藤 真之, 蛯名 邦禎. 兵庫県千種川の河川水の水素・酸素同位体比の特徴(2015年度). 神戸大学大学院人間発達環境学研究科紀要. 2017. 11. 1. 105-109
もっと見る
MISC (10件):
  • 藤吉 麗, 陀安 一郎, 藪崎 志穂, 原口 岳, 由水 千景, 大串健一, 古川文美子, 伊藤真之, 山本雄大, 横山 正. いろいろな元素からみえる千種川水系の姿. 共生のひろば 14号. 2019. 4. 115
  • 中澤知洋, 森浩二, 鶴剛, 上田佳宏, 松本浩典, 粟木久光, 石田学, 寺島雄一, 常深博, 中嶋大, 田中孝明, 内田裕之, 伊藤真之, 寺田幸功, 久保田あや, 馬場彩, 小高裕和, 高橋忠幸, 谷津陽一, 幸村孝由, 萩野浩一, 小林翔悟, 北山哲, 村上弘志, 信川正順, 太田直美, 深沢泰司, 水野恒史, 高橋弘充, 大野雅功, 古澤彰浩, 武田彩希, 中島真也, 内山泰伸, 渡辺伸, 飯塚亮, 岡島崇, 山口弘悦, 森英之. 軟X線から硬X線の広帯域を高感度で撮像分光する小型衛星計画FORCEの現状(7). 日本天文学会年会講演予稿集. 2018. 2018. 220
  • 大串 健一, 中野 孝教, 陀安 一郎, 横山 正, 三橋 弘宗, 山本 雄大, 伊藤 真之, 蛯名 邦禎. 千種川の水環境に関する共同研究プロジェクトの予察的報告. 神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要. 2017. 10. 2. 165-173
  • 伊藤 真之. 科学コミュニケーションの現状と課題 : 実践者の立場から. Link : 地域・大学・文化 : 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター年報. 2014. 6. 36-49
  • Tsunemi, Hiroshi, Nakajima, Hiroshi, Anabuki, Naohisa, Nagino, Ryo, Kunieda, Hideyo, Matsumoto, Hironori, Itoh, Masayuki, Kawano, Isao, Ikenaga, Toshinori, Mitani, Shinji, Yamamoto, Toru, Ozaki, Masanobu, Mori, Koji, Ueda, Yoshihiro, Kohmura, Takayoshi. Formation Flight Astronomical Survey Telescope (FFAST) mission in hard x-ray. Proceedings of the SPIE. 2014. 91442R. 9144
もっと見る
書籍 (1件):
  • 環境物理学
    裳華房 2004
講演・口頭発表等 (75件):
  • 兵庫県千種川流域における硝酸イオンおよび硫酸イオンの季節的動態の比較
    (第67回日本生態学会大会 2020)
  • FORCEミッションのサーベイ観測によるAGN検出数予測 (II)
    (高感度・広帯域X線天文衛星FORCEで探る高エネルギー宇宙 2020)
  • 兵庫県千種川流域における硝酸イオンおよび硫酸イオンの 季節的動態の比較
    (第9回 同位体環境学シンポジウム 2019)
  • 研究課題設定を重視した科学技術人材育成プログラムROOTのデザインと実装
    (日本科学教育学会第43回年会 2019)
  • Dynamics of sulfate and nitrate inferred from stable isotope techniques in Chikusa river watershed, Hyogo Prefecture
    (日本地球惑星科学連合2019年大会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1988 東京大学 大学院理学系研究科博士課程物理学専攻修了
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
所属学会 (5件):
日本ESD学会 ,  日本サイエンスコミュニケーション協会 ,  天文教育普及研究会 ,  日本科学教育学会 ,  日本天文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る