研究者
J-GLOBAL ID:201001093553046278   更新日: 2022年07月03日

雪村 まゆみ

ユキムラ マユミ | Yukimura Mayumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (1件): 文化社会学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2020 世界遺産制度が地域の文化財保護に及ぼす影響
  • ユネスコ世界遺産に関する比較社会学的研究
論文 (8件):
  • 雪村まゆみ. 文化財保護のグローバル化と地域の文化資産のカテゴリー化 : 日本の世界遺産条約批准の影響. 関西大学社会学部紀要. 2020. 51. 2. 1-15
  • 雪村まゆみ. 日仏におけるポール・グリモーという存在--制作者として、あるいは研究者としての高畑勲の視点から. ユリイカ. 2018
  • 雪村まゆみ. 消費社会におけるピアスの普及と「うわさ」に関する一考察ーボードリヤールとモランを手がかりに. 日仏社会学会年報. 2017. 第28号
  • 雪村まゆみ. 世界遺産登録基準の選択傾向に関する一試論-辺境の世界遺産に着目して. 関西大学社会学部紀要. 2017. 第49巻第1号
  • 雪村まゆみ. 世界遺産登録運動と文化資産の認定制度の創設 -「認定の連鎖」をめぐって-. 関西大学社会学部紀要. 2016. 91 - 112
もっと見る
MISC (3件):
  • 雪村 まゆみ. 日仏におけるポール・グリモーという存在--制作者として、あるいは研究者としての高畑勲の視点から. ユリイカ. 2018. 7月増刊号
  • 雪村 まゆみ. 戦時期におけるアニメーションの勃興 : 他者像の構成という視点から. 奈良女子大学社会学論集. 2008. 15. 85-98
  • 雪村 まゆみ. 現代日本におけるピアスの普及過程 : 新聞および雑誌記事のフレーム分析. 奈良女子大学社会学論集. 2005. 12. 139-157
書籍 (1件):
  • 『戦後社会の変動と記憶』(叢書 戦争が生みだす社会I)
    新曜社 2013
講演・口頭発表等 (1件):
  • 「高度消費社会と文化生産-アニメーターを事例として-」
    (第65回関西社会学会大会 2014)
学位 (1件):
  • 博士(社会学)
委員歴 (4件):
  • 2019/07 - 現在 日本アニメーション学会 編集委員
  • 2012/11/17 - 2015/10/17 研究活動委員会;常務理事
  • 2006/10/21 - 2015/10/17 事務局幹事
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 関西社会学会研究活動委員会専門委員(若手企画)
受賞 (1件):
  • 2012/08/04 - 日仏社会学会 日仏社会学会奨励賞(論文の部)
所属学会 (4件):
日本アニメーション学会 ,  日仏社会学会 ,  関西社会学会 ,  日本社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る