研究者
J-GLOBAL ID:201101000650550230   更新日: 2020年03月31日

水島 希

Mizushima Nozomi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.esb.soken.ac.jp/research/index.html#nozomi_mizushima
研究キーワード (13件): 生命倫理 ,  社会調査 ,  放射線測定 ,  リプロダクティブヘルス&ライツ ,  科学技術社会論 ,  市民参加 ,  市民科学 ,  ジェンダー論 ,  進化生物学 ,  女性運動 ,  フェミニズム ,  科学技術と社会 ,  脳プロ
論文 (16件):
  • Nozomi Mizushima, Osamu Sakura. A practical approach to identifying ethical and social problems during research and development: A model for a national research project of brain-machine interface. East Asian Science, Technology and Society. 2012. 6. 335-345
  • 水島 希. 技術と知をわたしたちの手にとりもどす--原発事故後の放射線対策と女性 (特集 核と向きあう女性たち--安全・科学・開発を問う). 女たちの21世紀. 2011. 67. 19-23
  • Osamu Sakura, Nozomi Mizushima. Towards the Governance of Neuroscience: Neuroethics in Japan with Special Reference to BMI (Brain Machine Interface). East Asian Science, Technology and Society (EASTS). 2010. 4. 1. 137-144
  • 水島希. 脳神経倫理学の社会的含意-科学技術社会論的アプローチによる概観. 脳神経倫理学の議論の動向(2008年度). 2010. 80-89
  • 水島希. 脳神経倫理学的議論は、いつ行うべきか--技術の開発段階を考慮に入れた技術アプローチによる検討. 脳科学時代の倫理と社会 UTCP Booklet. 2010. 15. 289-303
もっと見る
MISC (15件):
  • 水島希. ブックレビュー特集「ジェンダーと科学」. 2018
  • 水島希. 書評『デザイナー・ベビー』. 日経サイエンス. 2018
  • 水島 希. 脳科学と日本社会からみる現状と展望 (特集 はじまり、今、これから). まなぶ. 2010. 633. 13-16
  • 水島希. 社会の中の科学技術--脳科学と日本社会からみる現状と展望. 『まなぶ』(労働大学出版センター). 2010. 633. 13-16
  • 筒井晴香, 竹内絢, 水島希. 〈脳特集〉「脳に性差はあるの?」. 婦人民主クラブ新聞『ふぇみん』. 2009. 2-3
もっと見る
書籍 (4件):
  • よくわかるジェンダー・スタディーズ-人文社会科学から自然科学まで (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)
    ミネルヴァ書房 2013 ISBN:4623065162
  • セクシュアリティ
    岩波書店 2009 ISBN:9784000281416
  • 今月のフェミ的
    インパクト出版会 2007 ISBN:4755401763
  • 風俗嬢意識調査-126人の職業意識
    ポット出版 2005 ISBN:4939015769
講演・口頭発表等 (3件):
  • Radiation measurement movement by citizen after Fukushima Accident in Japan
    (4S/EASST conference Barcelona 2016 2016)
  • 日本の売春政策とセックスワーカーの現状--フェミニズムの視点から (特集 フェミニズムと労働--アンペイド・ワークとセックス・ワーク) -- (シンポジウム報告 フェミニズムと労働--アンペイド・ワークとセックス・ワーク)
    (女性・戦争・人権 2008)
  • コメント〔含 資料〕 (特集 公開シンポジウム プロジェクトAI 労働のジェンダー化(パート2)) -- (シンポジウム 性労働を考える)
    (立命館言語文化研究 2003)
学位 (1件):
  • Ph.D.
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 総合研究大学院大学先導科学研究科生命共生体進化学専攻 助教
  • 2009/03 - 2015/03 東京大学大学院情報学環 特任助教
  • 2008/07 - 2009/02 東京大学大学院情報学環 特任研究員
  • 2006/04 - 2008/03 お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」 身体と医療・科学・技術サブプロジェクトPD研究員
  • 2003/11 - 2005/03 財団法人エイズ予防財団 リサーチレジデント
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る